米空軍仕様CV-22「オスプレイ」、海兵隊仕様との差異と日本国内一般公開の背景とは?

敵地にこっそり潜入 特殊作戦機CV-22とは

 CV-22は、アメリカ空軍の特殊作戦部隊「特殊作戦コマンド」で運用されている機体で、その任務は海兵隊仕様のMV-22とは大きく異なります。

Large 190517 cv22 02

拡大画像

写真中の、黒い円形のパーツのあたりがミサイル警報装置。その右下に見える球状のものは、敵ミサイルの攻撃を妨害する赤外線妨害装置(2019年5月11日、稲葉義泰撮影)。

 MV-22の任務は海兵隊員を遠隔地へ素早く運び込むことですが、一方でCV-22の任務は、敵が支配する地域に侵入して機内から特殊部隊を展開させ、回収し、さらに彼らに補給物資を輸送することなのです。また、戦闘や事故で墜落した友軍機の乗員を救出する「戦闘捜索救難」という任務も受け持っています。

 そのため、CV-22には敵地に潜入するために必要となる、さまざまな装備が搭載されています。たとえば機首向かって右側には、敵地に潜入する際レーダーなどに探知されないよう低空飛行する時に必要な地形追随レーダー、機首下部には夜間飛行用の赤外線センサー、さらに機体各部には敵のレーダーを探知してミサイルの発射を警告するミサイル警報装置が配置され、それと連動して機能する各種妨害装置も機体後部に装備されています。

Large 190517 cv22 03 Large 190517 cv22 04 Large 190517 cv22 05

拡大画像

拡大画像

拡大画像

CV-22の機内には24名分の座席が用意され、さらに最大で約450kgの物資を積み込むことができる(2019年5月11日、稲葉義泰撮影)。
CV-22は後部ランプに50口径機関銃用の銃架を装備できる(2019年5月11日、稲葉義泰撮影)。

 さらにCV-22は、MV-22同様、ほかの航空機から飛行中に燃料補給を受けることができる空中給油機能も備わっています。CV-22の場合、1回の空中給油を受けることで約3900km(東京~ベトナム間の直線距離に相当)をノンストップで飛行可能です。また、CV-22の戦闘行動半径(基地から飛び立って任務をこなし、再び基地に帰投できる距離)は約920km(東京~鹿児島間の直線距離に相当)もあるため、必要とあれば日本周辺の広い地域で活動できます。

この記事の画像をもっと見る(7枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント