総火演に「19式装輪自走155mmりゅう弾砲」初登場 陸自の内情チラ見えなその特徴とは?

夏の終わりの陸上自衛隊恒例行事「富士総合火力演習」にて、「19式装輪自走155mmりゅう弾砲」の試作品が初披露されました。従来の155mmりゅう弾砲などとの比較から、陸上自衛隊が目指すものや、その内情などが垣間見えます。

「総火演」の新顔、「19式自走砲」

 毎年夏、富士の裾野にある東富士演習場において実施される、陸上自衛隊最大の実弾射撃訓練である「総火演」こと「富士総合火力演習」。2019年の同演習にて、初めての参加となったのが「19式装輪自走155mmりゅう弾砲」、通称「19式自走砲」です。

Large 190822 19shiki 01

拡大画像

陸上自衛隊の19式装輪自走155mmりゅう弾砲。タイヤで走行する「装輪式」であることが大きな特徴(2019年8月22日、月刊PANZER編集部撮影)。

 この19式自走砲、旧式化したけん引式である155mmりゅう弾砲(FH70)の更新用として導入が予定されている新装備で、ドイツ製8輪式大型トラックの荷台に、国産の日本製鋼所製155mmりゅう弾砲を組み合わせています。この砲は基本的に従来の「99式自走155mmりゅう弾砲」、通称「99式自走砲」と同じ性能のもので、そのため射程や威力は同等で、砲弾や装薬も同じものが使用可能とのことでした。

 ただしそれらを装てんするシステムだけは、99式自走砲が砲弾と装薬(砲弾発射に用いる火薬)の両方を完全自動で装てんできるフルオート式なのに対し、19式自走砲については車重やサイズとの兼ね合いもあり、砲弾のみ自動で、装薬は人力装てんの半自動式とのことでした。そのため、乗員(操砲人員)は99式自走砲が4名なのに対して、19式自走砲は1名多い5名となっています。

 また99式自走砲と同じく、火力戦闘指揮統制システム「FCCS」、通称「フックス」などから得た目標の位置情報や座標などを、タブレット端末でタッチパネル入力するだけで照準が可能です。照準眼鏡(コリメーター)などは、システム故障や情報伝達が難しい場合などに対応するため、装備はしているものの基本的には使わなくても射撃できるそうです。

【写真】メカニカルな半自動装てん装置 ほか「総火演」で披露された「19式装輪自走155mmりゅう弾砲」の様子

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190822 19shiki 04
  • Thumbnail 190822 19shiki 05
  • Thumbnail 190822 19shiki 06
  • Thumbnail 190822 19shiki 07
  • Thumbnail 190822 19shiki 08
  • Thumbnail 190822 19shiki 09
  • Thumbnail 190822 19shiki 10
  • Thumbnail 190822 19shiki 11
  • Thumbnail 190822 19shiki 12
  • Thumbnail 190822 19shiki 13
  • Thumbnail 190822 19shiki 14
  • Thumbnail 190822 19shiki 15
  • Thumbnail 190822 19shiki 16
  • Thumbnail 190822 19shiki 17
  • Thumbnail 190822 19shiki 18
  • Thumbnail 190822 19shiki 19
  • Thumbnail 190822 19shiki 20
  • Thumbnail 190822 19shiki 01
  • Thumbnail 190822 19shiki 02
  • Thumbnail 190822 19shiki 03

最新記事

コメント