世界レベル列車「氷河急行」に乗る 日本の観光列車の影響も? エクセレンスクラスの旅

「みんな降りて!」とおすすめされる「氷河急行」 展望台のようなホーム

 オーバーアルプ峠を過ぎたあとの下り坂はなだらかで、特に標高が下がっている感じはしません。そして13時30分ごろ、ネチェンという駅に到着しました。

「皆さん! ぜひ降りてアルプスの空気を吸ってください!」

 列車の行き違いでしばらく停車するため、コンシェルジュのスーザンさんが、乗客へそのように勧めます。

Large 191221 glacier 18

拡大画像

スーザンさんおすすめ、アルプスの空気が吸えたネチェン駅(2019年8月、恵 知仁撮影)。

 ホームへ降りると、そこはまるで展望台でした。広大な空のもと、奥行きのある山並みが展開し、爽やかな空気に包まれるなか、さまざまな人種の観光客が写真を撮っています。

 山下りは、この駅を発車したのちに本格化。これも見ものでした。

Large 191221 glacier 19

拡大画像

眼下に見えるアンデルマット駅へ標高を下げていく「氷河急行」(2019年8月、恵 知仁撮影)。

 進行方向左側、一見すると別の鉄道路線のような線路がいくつか見えます。駅も見えます。これから「氷河急行」が進む線路と、次の停車駅であるアンデルマット駅です。勾配を緩和させるため線路が曲がりくねったつづら折りになっており、約20分で600mも標高が下がります。

 車窓にうつる街が、駅が、次第に大きくなってきます。

 アンデルマット駅の標高は1435m。少々停車したため車外に出たところ、やや暑さを感じました。

「氷河急行『エクセレンスクラス』の旅」を写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント