鶴川発の特急ロマンスカー「ゼルビア号」走る 終点は「J1」 小田急×FC町田ゼルビアで

特急ロマンスカー「MSE」でJ2「FC町田ゼルビア」の監督や選手とサポーターの交流イベントが開催されました。鶴川駅から新宿駅まで「ゼルビア号」として運行され、車内では撮影会やグッズの抽選会などが行われました。

抽選グッズには、その場でポポヴィッチ監督がサインも

 サッカーJ2リーグ「FC町田ゼルビア」の、監督や選手とサポーターとの交流イベントが2020年2月9日(日)、小田急電鉄の特急ロマンスカーを貸し切って開催されました。

 これは60000形「MSE」を貸切列車「特急ロマンスカー・ゼルビア号」として、小田急小田原線の鶴川~新宿間にて運行、車内でイベントを実施するというもので、鶴川駅(東京都町田市)はFC町田ゼルビアのホーム「町田GIONスタジアム」の最寄り駅です。

Large 200209 zerbia 01

拡大画像

鶴川駅に停車する特急ロマンスカー「ゼルビア号」(2020年2月9日、大藤碩哉撮影)。

 午前11時16分に「ゼルビア号」が鶴川駅を発車すると、FC町田ゼルビアのランコ・ポポヴィッチ監督が「本日はロマンスカーを使ったサポーターとの交流イベントを企画していただきありがとうございます。『ゼルビア号』の終点は新宿ではなく、『J1』です」とあいさつしました。

 現役選手とFC町田ゼルビアのマスコットキャラクター「ゼルビー」との写真撮影会や、応援タオルなどFC町田ゼルビアのグッズが当たる抽選会と、交流イベントは続きます。抽選会の賞品には、ポポヴィッチ監督自らがその場でシャツにサインする、というものも見られました。

 通常、鶴川~新宿間は各駅停車を利用しても約50分(土休日ダイヤ)ですが、「ゼルビア号」は途中、新百合ヶ丘駅(川崎市麻生区)の留置線に停車するなどしつつ、約70分かけて新宿へ到着しました。

【写真】ロマンスカーの行先表示は「FC町田ゼルビア号」

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 地元密着で面白い。鶴川は、上りだけ追越線があるのをうまく使った企画。
    小田急沿線は、ゼルビアだけ?