午前4時 山手線一番列車に乗ってみる 交錯する「朝の人」と「夜の人」 その人間模様

フリーきっぷ「都区内パス」を購入のうえ、大崎駅からJR山手線の始発電車に乗り、外回りを2周しました。出発から約2時間、早朝の電車が徐々に通勤電車に変わっていく様を、利用者の人間模様とともに観察しました。

都区内パスを購入し、大崎駅始発でJR山手線を2周

 2月上旬のまだ真っ暗な午前4時、東京都品川区の大崎駅には、こうこうと明かりがついていました。まだ誰もいるまいと予想した筆者(蜂谷あす美:旅の文筆家)を裏切り、そこには先客が3人、シャッターの下ろされた改札口前で時間を過ごしています。また、シャッターから少し離れた場所にも人の姿が見られました。週の半ば水曜日の、始発電車が走る前の光景です。

Large 200211 yamanote 01

拡大画像

日中のJR山手線を走るE235系電車。始発の様子は普段の光景とはひと味違う(画像:写真AC)。

 4時12分、きしんだ音とともに改札口のシャッターが上がっていきます。開ききるよりも早く入場する人もいました。私は東京23区内の普通列車が乗り降り自由になるきっぷ「都区内パス」を購入し、ホームに向かいます。

 大崎駅の始発電車は外回りのJR山手線です。「まもなく4番線に当駅始発、渋谷・新宿方面行きがまいります」とアナウンスが流れ、4時16分には見慣れた11両編成の電車がホームへ入って来ました。しかしドアはまだ開きません。見渡せば、車両ごとにひとり、ふたりがホーム上に待機しています。

 ドアが開いたのは4時22分、発車時刻の5分前でした。私は6号車に乗り込みます。発車メロディに合わせて周囲を確認すると、同じ車両に乗り合わせたのは私を含め4人でした。

 五反田駅、目黒駅、恵比寿駅と進んでいくなかで席はだんだんと埋まり、空席は残り3割といったところです。大きなスーツケースを持った4人組は並んで座れず、ばらばらに着席していました。

【写真】山手線が突出して朝早い! ほかの路線の始発時刻

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 経歴に大学名書く必要あるんでしょうか