2020年3月鉄道ダイヤ改正「新登場」どれに注目か? 常磐線・ひのとり・サフィール…

今春の鉄道ダイヤ改正で新たに登場するものに関するアンケートを実施。常磐線の全線運転再開、近鉄名阪特急の80000系「ひのとり」、E261系特急「サフィール踊り子」が上位に選ばれ、それぞれの理由も集まっています。

ダイヤ改正注目トップは「常磐線の全線運転再開」

「乗りものニュース」では2020年3月9日(月)から11日(水)にかけて、3月の鉄道ダイヤ改正で新たに当時要するものに関するアンケートを実施。401人から回答が集まりました。

Large 200313 q2020diakuru 01

拡大画像

JR九州のYC1系ハイブリッドディーゼルカー(2018年10月、草町義和撮影)。

「2020年3月の鉄道ダイヤ改正における“新しいもの”ののうち、どれに最も注目していますか?」の質問では、「常磐線の全線運転再開」が26.7%で最も高く、「近鉄名阪特急の80000系電車『ひのとり』」21.7%、「特急『サフィール踊り子』(E261系電車)」14.2%も人気を集めました。

4位以下の結果は次のとおりです。

・山手線・京浜東北線の高輪ゲートウェイ駅:9.2%
・富山地方鉄道の富山港線~富山軌道線南北直通運転:6.5%
・JR九州のYC1系ハイブリッドディーゼルカー:6.2%
・東武アーバンパークライン(野田線)の全線急行運転:3.0%
・JR北海道のH100形ディーゼルカー:2.0%
・東海道本線の御厨駅:2.0%
・札幌~新千歳空港間の特別快速「エアポート」:1.7%
・指定席を導入した磐越西線の快速「あいづ」:1.5%
・予讃線の南伊予駅:0.7%
・特急「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」(運行は4月から):0.5%

「その他」4.0%では、「東京22時00分発の名古屋行き臨時『のぞみ71号』」(30~34歳、男性)、広島地区の「快速『シティライナー』復活」(40~44歳、男性)、「関空特急『はるか』の271系」(25~29歳、男性)などが挙げられています。

【画像】注目ナンバーワン 常磐線全線再開を告げるポスター

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント