戦車+重装甲=最強! が過ぎると? ポルシェ博士と独裁者の異常な超重戦車「マウス」

実際に作ってみたら案の定…その後の「マウス」

 2台の試作車はドイツ陸軍のクーマンスドルフ車輌試験場で実施された試験に臨みますが、案の定、期待されたような性能は発揮できません。何とかものにしようと、さらに突っ走るのも技術者の性でしょうか、色々いじくりまわしたポルシェ博士でしたが、そのあいだにドイツはどんどん劣勢となります。貴重な資源を浪費することができなくなり、さすがのヒトラーも「マウス」の開発放棄を、1944(昭和19)年11月1日に決定します。

 試作車はクーマンスドルフの倉庫でほこりをかぶっていましたが、いよいよソ連軍が迫ってくると、試作車と製造途中で放棄されていたパーツ類を組み合わせて何とか再稼働させ、1945(昭和20)年4月、ベルリン防衛戦に引っ張り出されます。しかし128mm砲は火を吐くことも無く、機関系の故障で戦わずして放棄され、ソ連軍に鹵獲されます。ソ連に移送後の情報は無く、そのまま長年、幻の超重戦車となっていました。

Large 200330 maus 04

拡大画像

クビンカ戦車博物館に展示されているマウス。戦車というよりトーチカといった印象で、人と比べても大きさが分かる(2016年8月2日、月刊PANZER編集部撮影)。

 1980年代後半、ソ連のグラスノスチ(情報公開)により流れた、モスクワ郊外のクビンカ戦車博物館に「マウス」が現存しているとのニュースは、西側軍事筋を驚かせました。1994(平成6)年発行の、同博物館の展示品年鑑では最後のページに記載されています。2020年現在もクビンカ戦車博物館に保管展示されており、だれでも見ることができます。

 最も成功した大衆車といわれる「フォルクスワーゲン・ビートル」を生んだのと同じ独裁者と天才技術者のコラボが、ベクトルの方向を間違えるとこんなにも成果物が変わるのかと、興味深いものがあります。

【了】

【写真】やはり用には堪えなかったか 地面に沈み一大事の「マウス」 ほか

Writer: 月刊PANZER編集部

1975(昭和50)年に創刊した、40年以上の実績を誇る老舗軍事雑誌(http://www.argo-ec.com/)。戦車雑誌として各種戦闘車両の写真・情報ストックを所有し様々な報道機関への提供も行っている。また陸にこだわらず陸海空のあらゆるミリタリー系の資料提供、監修も行っており、玩具やTVアニメ、ゲームなど幅広い分野で実績あり。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. >主砲128mmといえば巡洋艦の主砲並み

    いや、駆逐艦程度でしょう