戦車+重装甲=最強! が過ぎると? ポルシェ博士と独裁者の異常な超重戦車「マウス」

独裁者の直観と技術者の性から超重戦車誕生

 当時すでに、技術的にも戦車の重量は70tまでが限界と言われていたものを、ヒトラーは大口径砲を搭載し重装甲を施した、120t級の戦車を構想します。このような超重戦車は突飛ではありますが、良いか悪いかは別にして常識に囚われないヒトラーなりの直観が働いたともいえます。

Large 200330 maus 02

拡大画像

ドイツ戦車の変遷。最上段左側が1935年登場のI号戦車B型で重さ6t、武装は7.92mm機銃。最下段右側が「マウス」で重さ188t、128mm砲搭載(月刊PANZER編集部作成)。

 その意を受けて、ポルシェ博士は突っ走ります。こうした常識を覆す新技術や新しいものにチャレンジしたがるのは、技術者の性なのでしょうか。砲塔に150mmと75mm戦車砲を同軸装備し、正面装甲は200mm、駆動系にはポルシェティーガー、エレファント駆逐戦車で実績があり、複雑なトランスミッションが不要というポルシェ博士得意のエンジンと発電機、電動モーターを組み合わせたハイブリット方式という、超重戦車を提案します。

 この常識を外れた提案に、ナチス政権内でも反対する声はありました。ポルシェ博士は、政治には無関心でナチス党員でもありませんでしたが、ヒトラーはポルシェ博士の才能を高く買っており、この超重戦車「マウス」はヒトラーの認可を受け開発が始まります。

【写真】やはり用には堪えなかったか 地面に沈み一大事の「マウス」 ほか

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. >主砲128mmといえば巡洋艦の主砲並み

    いや、駆逐艦程度でしょう