実戦の名機=銀幕スターとは限らず! 『トップガン』ほか現代戦闘機の映画出演事情

映画に登場した戦闘機は数あれど、なかでもF-14「トムキャット」は作品や役回りにも恵まれたといえるでしょう。逆にリアルでは空戦無敗でも映画では……『トップガン』などハリウッド映画を中心に「映画の戦闘機」を概観します。

いよいよ大役が回ってきたF/A-18E/F「スーパーホーネット」

 2020年5月13日(水)、トム・クルーズが主演する映画『トップガン マーベリック』が、同年12月25日に公開されることが明らかにされました。

Large 200522 top2 01

拡大画像

『トップガン マーベリック』の主役機を務めるF/A-18E「スーパーホーネット」(画像:アメリカ海軍)。

『トップガン マーベリック』は、1986(昭和61)年に公開された映画『トップガン』の続編です。アメリカ海軍の若きパイロットの成長を描いた『トップガン』は、当時スター街道を駆け上っていたトム・クルーズの人気と、軍隊を舞台にした映画にありがちな泥臭さを排除した演出に加え、アメリカ海軍の協力により撮影された、実物の戦闘機を使ったアクションシーンの人気もあいまって、アメリカでは1986年度の全米興行収入第1位、日本でも1987(昭和62)年度の洋画配給収入第1位を獲得するなど、世界的な大ヒット作となりました。

『トップガン マーベリック』は、前作では若き戦闘機パイロットだったトム・クルーズ演じるピート・ミッチェル、通称「マーベリック」が、数十年の時を経て教官パイロットとなった姿を描いた作品になると報じられています。

 前作でマーベリックが搭乗していたF-14「トムキャット」は、2006(平成18)年9月にアメリカ海軍から退役しており、『トップガン』の続編製作が決定した際、ネット上ではマーベリックがどの戦闘機に搭乗するのかが話題となっていました。

 その後、公開された『トップガン マーベリック』の予告編で、マーベリックの搭乗する戦闘機が、現在のアメリカ海軍の主力戦闘機F/A-18E/F「スーパーホーネット」であることが明らかになっています。

【写真】ロボに変形しそうな色合い&部隊マークのF-14「トムキャット」

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

6件のコメント

  1. インディペンデント.デイでウィルスミスが搭乗してたのはF16ですよ。終盤の戦闘ではエイリアンの戦闘機に乗って母船まで行ったのでF/A18には搭乗してません。

    • ウィル・スミスが演じていたのは海兵隊の戦闘機パイロットで、エル・トロ海兵隊航空基地(公開当時)からF/A-18で出撃して、攻撃失敗後にエリア51にたどりついています。
      この人はアイアンイーグルでも見てたでしょうか。

  2. イーグルは日本で撃墜されているのを何度言ったら分かるのか?

    • あれは訓練、実戦じゃないって何度言ったら分かるのか?

  3. F15の銀幕だったらエアフォースワンがあるでしょ

  4. ゴジラVSキングギドラでF-15部隊がキングギドラに駆逐されるシーンならある。活躍というよりヤラレ役だが。