地元の足として… 存続決定くま川鉄道 全線不通から復旧への道のり

令和2年7月豪雨で被災し、全線不通が続く熊本県の第三セクター・くま川鉄道。全5両が浸水し橋も流出した一方で、鉄道の存続は決定しました。その背景と、復旧に向けて動き始めた現地の様子を取材しました。

くま川鉄道の全5両が浸水 エンジンがかかるのは1両だけ

 熊本県を中心に80人以上の死者・行方不明者を出した「令和2年7月豪雨」。特に被害が大きかった熊本県南部の球磨地方では、家屋だけでなく、鉄道をはじめとする交通インフラにも甚大な被害が出ました。

 球磨地方の中心都市である人吉市につながる鉄道路線は、2020年12月上旬時点で全て不通となっており、公共交通機関で向かう方法はバスやタクシーしかありません。車による移動も一般国道の通行止めが続いています。そのため九州道の八代IC~人吉IC間は無料の措置が取られています。

Large 201111 kumagawa 01

拡大画像

被災したくま川鉄道の車両。天気の良い日は扉を開けて換気をしている(2020年10月、河嶌太郎撮影)。

 鉄道路線の「湯前線」を運営する第三セクターのくま川鉄道(人吉市)も被災しました。湯前線はJR人吉駅に隣接する人吉温泉駅(人吉市)から湯前駅(同・湯前町)までの24.8kmを球磨川沿いに結んでいますが、途中の川村~肥後西村間にある登録有形文化財の球磨川第四橋梁が流出。また、保有車両の5両全てが浸水し、当面運行できない状況です。

 くま川鉄道営業企画課の下林 孝課長は、車両の被害についてこう説明します。

「同業のエンジニアに見てもらったところ、1両だけエンジンがかかる車両がありました。ただし正式な点検がまだ実施されておらず、5両全てで点検、整備を行わないと営業運転ができない状態です。ただ幸いにして床上部分は水に浸かりませんでしたので、客室部分はそのまま使えそうです。床下部分はそのままにしておくと錆びてしまいますから、定期的なメンテナンスは続けています」

 現在はバス代行輸送を続けており、原則、定期券と回数券の利用者に限り人吉温泉~湯前間で、朝と、夕方から夜の時間帯に運行しています。利用者の大半は沿線の高校生です。通学時間帯は各駅に運転士や駅員などを配置して、代替バス輸送の応援を行っています。

【写真】水に浸かった車両の床下部分

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 開通しても県外などの利用者が人吉までアクセスするのが一苦労ですね。そもそも以前からいわゆる肥薩(川)線の乗客減は著しかったといい、JRも復旧するかどうか自治体などの出方待ちなのではないですか。

    • 本文にも書かれている通り、利用者の大半が沿線の学校へ通学する学生であり、通学や通院の足として沿線住民に認知されて成り立っている路線と言えます。
      県外からの利用者が困難なのはあまり問題ではないと思います。事実、県外から来る客は肥薩線を利用する可能性が高いでしょうが、その肥薩線だって輸送密度が小さく存続も危ぶまれているほどですから、肥薩線が復旧しないとくま川鉄道が困ると言うことはあまりないといえると思います。くま川鉄道と肥薩線は切っても切り離せない問題と言うわけでもないようです。