間もなく還暦 私鉄最多数を誇った「東武8000型」 派生型も従え今なお現役の秘訣は?

東武鉄道の輸送を支えてきた8000型電車は、登場から60年近くが経過した今でも現役です。一見平凡に見える車両ですが、実はとても基本コンセプトがしっかりした万能車。長寿の秘訣もそこにありそうです。

基本コンセプトがしっかりした万能車「東武8000型」 見た目は平凡だが…

 間もなく還暦を迎える――そんな鉄道車両が関東地方で現役です。

 それは1963(昭和38)年に登場した通勤形の「東武鉄道8000型電車」です。東京から北関東方面に総延長400km以上の路線網を持つ東武鉄道は、大量の鉄道車両を所有していますが、中でも東武8000型は数多く製造されました。どのような車両でしょうか。

 外見は20mの車体に乗降用扉が片側4つずつ付いた、関東ならどこの鉄道にもあるような平凡なものに見えます。しかし、上述の通り長距離利用の多い東武鉄道では、ロングシートに座り心地の良いゆったりしたものを採用。台車も乗り心地に優れた空気ばね台車を採用しています。さらにからっ風の強い北関東での運用を考慮して、強力な暖房を装備したうえ、長時間停車の際は半数のドアを締め切る機能を搭載するなど、当時から旅客サービスの面で高水準を誇っていました。

Large 201222 tobu8000 01

拡大画像

東武8000型電車は、東上線で2008年まで運転されていた特急にも使われた(2006年9月、児山 計撮影)。

 機器の面では、製造価格を抑えるべくモーター車(モーターの付いた車両)の割合を50%に、つまり編成のうち2両に1両が必ずモーター車になるような構成としました。そのため、当時としてはパワーの大きなモーターを搭載しながらも、車体は徹底的に軽くなるように造られました。

 ほかにも当時の技術で最も滑らかに加速できるバーニア制御を採用。途中に一度だけショックが発生しますが、それ以外はたいへん滑らかに加速していきます。

 少ないモーター車でも乗り心地が良く、かつ加速性能に優れた東武8000型は、駅間距離が比較的長い東武鉄道において、普通列車から優等列車までどのような運用もこなせる万能車となりました。

【3並び写真】8000型 往年のカラー勢ぞろい「セイジクリーム」「ツートン」そして現行塗装

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

5件のコメント

  1. 上回りや台車は良かったものの
    足回りのブレーキが登場当時でも時代遅れな 電気ブレーキ(発電/回生)無し だったのだけは… 残念な車で…

    • 電気ブレーキを装備していないのは、関東平野の平らな所を走るから必要ないと考えたみたいですね。その後、東武の車両で会津方面まで乗り入れる必要が生じ、東武でも、電気ブレーキを装備した車輌が製造されましたね。

  2. タグか何か名前わからないけど、
    東武生越線ってなんやw

    • ご指摘ありがとうございます。 訂正いたしました。

  3. 当時の東武では、輸送需要の爆発的増加に応えるため、とにかく経済性が求められた。
    大量増備も見込まれるし、必要十分でオールマイティーなのがいいな。

    ならば、M車の比率を下げて電制も戸袋窓も省略。これで製造費と重量を削減。軽くなれば電気代も保線費も少しはマシに。

    M車減った分、走行性能を保つためバーニヤで加速力を限界まで引き上げとくか。
    それから、混雑対応の4ドアロングシート。
    あ、でも長距離の運用もあるから、乗り心地・掛け心地は良くしよう。よし空気ばね採用。

    きちんとした設計思想で開発され、実際に大量増備されて東武の一時代を支えた功績は大きかろう。
    そういえば軽量化と低MT比が狙うところなんかは209系と重なる気もする。

    いつまでボロを使うんだという声も聞くけれど、私の中では立派な名車。野田線ユーザーで60000系より8000系の方が乗り心地良く感じている人も居るのでは?(騒音、空調、内装の清潔感は、時代・技術の差で仕方なし)

    慣れ親しんだ東上線の池袋口で見れなくなって久しく、ブレーキの匂いが懐かしい。細くでも良いから、長い活躍を願う。