イタリアじゃ不遇も北欧では「傑作機」 フィアットG.50戦闘機 どうしてそうなった?

イタリア初となる全金属製の低翼単葉戦闘機として開発され、第2次世界大戦前半には空軍の主力機でもあったフィアットG.50戦闘機。本国では目立った戦果を挙げることはなかったもの、異国の空では多数のエースパイロットを輩出しました。

イタリア初の近代的な戦闘機を目指して誕生

 第2次世界大戦前のイタリアでは、複葉戦闘機が進化を続け、それなりに優秀な機体も誕生していたため、他国と比べて単葉戦闘機の登場が遅れていました。それがイタリア空軍に危機感を抱かせることになりました。空軍は1936(昭和11)年に軍用機の近代化を主眼に置いた「R」計画を発表、国内の各航空機メーカーに新型戦闘機の試作を依頼します。

Large 210212 g50 01

拡大画像

1940年、スペイン市民戦争に参加したG.50戦闘機の初期生産型。この近代的な密閉式風防が前線部隊では不評で、後の量産型では開放式操縦席に改修されている(吉川和篤所蔵)。

 とはいえ、その前年の1935(昭和10)年4月から開発が始まっていた単葉機もありました。それが、ジュゼッペ・ガブリエッリ技師と設計チームによるフィアット社のG.50です。イタリア初となる全金属製の低翼単葉機である同機に、油圧式の引き込み脚や、全周視界を確保できる密閉式ガラス風防なども盛り込み、当時最新の空冷戦闘機を生み出そうとしていました。

 進歩的な戦闘機を目指して造られたG.50は、1937(昭和12)年2月にトリノで初飛行に成功。フィアット製A74 RC38型14気筒空冷エンジン(840馬力)を搭載して、最高速度472km/h、高度6000mまで6分40秒で上昇するなど、当時のイタリア製戦闘機としては優れた性能を見せつけたのです。

【写真】フィンランド空軍に属したイタリア・フィアット製G.50戦闘機

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント