ローカル線6年半ぶり運行再開 しかしまだ喜べぬ現実 JR東海・名松線

北海道新幹線の開業で賑わう2016年3月26日、三重県のローカル線が廃止の危機を乗り越え、およそ6年半ぶりに全線での運行再開にこぎつけました。自然災害でそのまま廃止される例も少なくないなかの復活ですが、大きな課題が存在。本当に喜べるのは、まだ先になりそうです。

「自然災害からの鉄道廃止」を乗り越えて

 北海道新幹線が開業した2016年3月26日(土)、三重県では名松線というローカル線が廃止の危機を乗り越え、全線で運行を再開しました。2009(平成21)年10月の台風18号で被災して以来、およそ6年半ぶりのことです。

 名松線は、松阪(三重県松阪市)と伊勢奥津駅(同・津市)のあいだ43.5kmを結ぶJR東海路線。そのうち家城~伊勢奥津間の17.7kmが2009年10月8日の被災以降、バスによる代行運転になっていました。

大勢の人々が小旗を手に線路脇へ駆けつけ、名松線全線の運行再開を祝った(2016年3月26日、恵 知仁撮影)。

「名松線は『奇跡の名松線』といわれています。自然災害から6年半かかっての運行再開は日本記録です。11万6000人分もの署名が集まるなど、強い熱意がそれを実現しました」(津市・前葉泰幸市長)

 鉄道路線が台風などで被災し、そのまま廃線になる例はJR東日本の岩泉線(岩手県、2014年廃止)、高千穂鉄道(宮崎県、2008年廃止)など少なくありません。このたび運転を再開した名松線の被災区間も一時、その可能性が高まっていました。

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント