首都高と阪高で「本線料金所」撤去の背景 渋滞の要因にも 機能どう代替

首都高速と阪神高速で、本線上に設けられた「本線料金所」の撤去が進められています。本線上で必ず減速あるいは停車しなければならないことから、渋滞の要因にもなっていたものですが、なぜ撤去が可能になったのでしょうか。

役目を終えた? 撤去可能になった背景

 首都高速道路が、1号羽田線(上り)の平和島本線料金所(東京都品川区)と湾岸線(東行き)の大井本線料金所(同・品川区)の運用を2018年5月に停止、これらを撤去する予定です。阪神高速道路も、6か所の本線料金所を撤去する方針で、すでに3号神戸線東行きの尼崎本線料金所(兵庫県尼崎市)と5号湾岸線西行きの南芦屋浜本線料金所(同・芦屋市)については完了しています。

Large 180326 tollgate 01
首都高湾岸線の大井本線料金所。2018年5月に運用が停止され、今後撤去される(2017年11月、中島洋平撮影)。

 その名の通り高速道路の本線上に設けられる本線料金所は全国に存在し、たとえば有料区間と無料区間の境目や、NEXCOとそのほかの道路会社との境界付近などにあります。対して首都高速や阪神高速で撤去対象となった本線料金所は、いずれも同じ会社の路線の途中に設けられたものです。なぜ撤去が可能になったのか、首都高速道路に聞きました。

――平和島と大井の本線料金所は、そもそも何のために設けられたのでしょうか?

 料金体系が変化するポイントで、お客様から通行料金をいただく目的がありました。当社の料金体系はもともと「東京線」「神奈川線」「埼玉線」という3つの料金圏で一律に設定されており、平和島と大井の本線料金所は、いずれも神奈川線と東京線のあいだに位置していたものです。神奈川線から東京線へまたがってご利用されるお客様から、東京線の料金をいただく場所でした。

――なぜ撤去が可能になったのでしょうか?

 2012(平成24)年から料金圏を撤廃し、利用距離に応じた対距離制料金へと移行したため、ほぼ不要になりました。その後は、空港西入口や羽田入口など、料金所がない一部の入口から現金でご利用される方に、通行券を発行する機能を持っていました。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180326 tollgate 04
  • Thumbnail 180326 tollgate 01
  • Thumbnail 180326 tollgate 02
  • Thumbnail 180326 tollgate 03

関連記事

最新記事

コメント