シリア攻撃にB-1Bが飛んだ理由 トマホークはオトリ? 投入された「JASSM-ER」とは

2018年4月14日に実施された米英仏軍によるシリアへの攻撃において、B-1B「ランサー」爆撃機が出撃したのにはもちろん理由があります。米空軍にて同機とF-15E「ストライクイーグル」だけが運用できるミサイルに注目しました。

英米仏軍、シリア攻撃を実施

 日本時間の2018年4月14日(土)、アメリカ、イギリス、フランス軍が連携してシリアの化学兵器関連施設に対する攻撃作戦を実施しました。この作戦に大きく貢献したのが、アメリカ空軍のB-1B「ランサー」爆撃機と空対地ミサイルAGM-158B「JASSM-ER」です。

Large 180417 b1b 01
シリアへの攻撃に投入された米空軍のB-1Bは、「ランサー」の愛称で知られる可変翼の戦略爆撃機(画像:アメリカ空軍)。

 そもそも今回のシリア攻撃は、4月7日(土)にシリアのアサド政権軍が実施したとされる、化学兵器の使用に端を発しています。「化学兵器」とは、人体にとって有害な化学物質を用いる兵器のことで、毒ガスという呼び方のほうがより一般的に知られているかもしれません。

 この化学兵器の開発、生産、保有、使用は、原則的に国際法上禁止されています。しかし、この規則を破ってシリアのアサド政権が首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマにおいて化学兵器を使用し、一般市民を含む多数の死傷者を出したという情報が世界を駆け巡りました。これに対して、シリア政府によるこれ以上の化学兵器開発や使用を阻止するために、今回アメリカ、イギリス、フランスがシリア国内にある化学兵器関連施設を空爆したというわけです。

 今回のシリア攻撃にはさまざまな海軍艦艇や戦闘機などが投入されましたが、そのなかでも特に注目されたのが米空軍のB-1B爆撃機です。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180417 b1b 04
  • Thumbnail 180417 b1b 01
  • Thumbnail 180417 b1b 02
  • Thumbnail 180417 b1b 03

関連記事

最新記事

コメント