F-22とF-35のハイブリッド戦闘機、実現は…? F-2後継、ロ社が日本政府へ打診か

空自F-2戦闘機の後継機が取り沙汰されるなか、米軍最強戦闘機F-22と、最新戦闘機F-35のイイトコ取りした次世代機の開発を、ロッキード・マーチンが日本政府へ打診したとの報道がなされましたが、そう美味いお話はなさそうです。

F-22+F-35=?

 2018年4月20日、航空自衛隊が配備するF-2戦闘機の後継機計画において、アメリカのロッキード・マーチン社が同社製のF-22「ラプター」およびF-35「ライトニングII」、両ステルス戦闘機を土台とする次世代機の開発を日本政府へ打診したと、一部メディアが報じました。

Large 180425 f2235 01
後継機がなにかと取り沙汰される航空自衛隊のF-2戦闘機(画像:航空自衛隊)。

 本件はあくまでもF-2後継機の在り方のひとつとして提案されたものであり、実現を目指した具体的な計画ではありません。

 しかしながら、戦闘機の常識を塗り替えてしまうほどの圧倒的な情報収集能力および共有能力を持つF-35と、飛行性能の面においてはほかの追随を許さないF-22の組み合わせとなる「ハイブリッド案」は、理想的な高性能機をしかも手っ取り早く実現できるのではないかと大きな話題を集めているようです。

 ハイブリッド案は恐らくF-35のシステムをF-22に載せるという形で行うことを想定しているものと思われます。しかしながら実際はそう簡単にいかないかもしれません。なぜならば、F-35が搭載する情報処理システムは「ワンオフ」であり、F-35以外の機種への搭載を目的として設計されたものではないためです。

テーマ特集「【ミリタリー】国産戦闘機F-2、いま直面する後継機問題」へ

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180425 f2235 04
  • Thumbnail 180425 f2235 01
  • Thumbnail 180425 f2235 02
  • Thumbnail 180425 f2235 03

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 要は空自の機体のお仕事をどうするかの問題。
    そもそもF-35を導入した時点から話がずれまくっているからなぁ。
    ドクトリンとしてちゃんとした計画を立てられない空自、防衛省が問題だし、それは自衛隊全体で変なモノばかり導入しているもんだいさろう。
    ロッキードと共同開発してもそういう能力がないから結局○○みたいな機体と言い出すのだろうな。
    金銭面でも足元を見られるし、能力そのものも中途半端な機体ばかり作りそうだな。

  2. F-22のアップデートの技術と金をださせられるだけだわな。

  3. 僕がもし決定権もってたら日本独自の戦闘機を導入するけど。