「8人」は多すぎる? ミニバンの「7人乗り」が増えたワケ 価格が高くなる傾向も

多くのミニバンで、7人乗りと8人乗りが設定されています。しかも、7人乗りのほうが乗車人員が少ないにもかかわらず、価格が高くなる傾向も。それぞれ、どのようなメリットやニーズがあるのでしょうか。

「2列目」がちがう7人乗りと8人乗り

「ミニバン」といえば、一般的には3列シートのある多人数乗りのクルマを指します。大きさもさまざまで、2列目、3列目シートの居住性は車種により差があるものの、たとえばトヨタ「アルファード」「ヴェルファイア」、日産「セレナ」「エルグランド」、ホンダ「ステップワゴン」などは、いわゆる「コンパクトミニバン」よりも多人数乗車を想定したモデルといえるでしょう。

Large 180507 miniban7 01
ホンダ「ステップワゴン」。上が現行モデルで基本の7人乗り、下が先代モデルの8人乗り(画像:ホンダ)。

 そのような車種の多くでは、7人乗りと8人乗りの双方が設定されています。どのような違いがあり、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。ホンダに聞きました。

――7人乗りと8人乗りではどうちがうのでしょうか?

 7人乗りは乗員の配置が前列から「2人・2人・3人」、8人乗りは「2人・3人・3人」となっています。7人乗りは2列目の座席が車体の左右に独立して配置されている「キャプテンシート」ですが、8人乗りは、一般的な5人乗り乗用車の後部座席で見られるような「ベンチシート」です。

――それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか?

 2列目がキャプテンシートの7人乗りは、左右にひじ掛けがつくなど助手席と同じようなゆったりとしたシートであること、真ん中が空いているため3列目座席にウォークスルーで行けるので、3列目座席を利用しやすいといったメリットがあります。一方でベンチシートは2列目、3列目をフラットに近い状態まで倒したときに隙間がないので、そのような使い方をするときに便利でしょう。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180507 miniban7 03
  • Thumbnail 180507 miniban7 01
  • Thumbnail 180507 miniban7 02

関連記事

最新記事

コメント

Leave a Reply to 明後日のジョー Cancel reply

3件のコメント

  1. だからeパワーが1クラス上の価格になっちまうんだろうに
    相変わらずの代替え需要ばかりに的を絞る車作りには呆れるばかり
    多く乗れればいいってもんじゃない?
    じゃ何をもって開発してきたのか?
    元々セダンより断然に着座位置の高いゆらゆらフラフラの乗り心地のミニバンで快適性をそこまで売りにするなら、これらの原型になったセダンに一度試乗してみてもらってはいかがだろうか?

  2. 選択肢が増えるのは良いことでございます。
    この記事は7人乗りキャプテンシート推しであることからか、ベンチシートのメリット(あるいは使い方)紹介が、あまりにお座なりに思えます。

    ベンチシートの特色:
    ・後部座席をフルフラットにして車中泊する。
    ・大きい荷物や長い荷物を積みやすいシートアレンジ。

    もっと一般的な表現をするなら、
    ・7人乗り(キャプテンシート)は、人が乗ることを重視。
    ・8人乗り(ベンチシート)は、道具として使うことを重視。

    おそらく価値判断からして、根本的に異なると思えます。
    だから「8人は多すぎる?」との見出しでは、本質を見誤ります。

    個人的には8人乗り一択であり、「7人乗りの設定しか無い」時点で、検討にも値しなくなります。

    直接は関係ないかもしれませんが、現行エルグランドは、後部座席をフルフラットにすら出来なくなっています。
    この仕様は客を選ぶなぁと、ちょっと心配したものですが、出先でも滅多に見かけなくなった気がします。

  3. 要は売れ筋をふっかけ価格にしただけだろ?
    だからeパワーが1ランク上の車格の価格だろうに
    こんなろくに安定傾斜角度も無さそうな箱形開発して何が定員が多ければいいってもんじゃない?
    その為の車だろうに
    いい加減に消費者をちゃかす商いしてると歯車焦げ付くぞえ~