米B-52が南シナ海飛行、その大きな意味とは 緊張続く海域に核搭載可能機投入の背景

【写真】B-52のコックピットのようす

Large 180607 b52 04

拡大画像

メキシコ湾上空を飛行するB-52「ストラトフォートレス」の、コックピットの様子(画像:アメリカ空軍)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(4枚)

Writer: 稲葉義泰(軍事ライター)

軍事ライター。現代兵器動向のほか、軍事・安全保障に関連する国内法・国際法研究も行い、商業誌への掲載実績有り。小学生の頃は「鉄道好き」、特に「ブルートレイン好き」であったが、その後兵器の魅力にひかれて現在にいたる。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. B-52
    最終型の「H型」ですら配備から50年以上となり
    だいたい30代で機長になるので
    祖父→父→息子と3世代B-52のパイロットが
    普通に出てる!