各国の哨戒機が日本で大集合、理由は「瀬取り」 対潜水艦戦闘用の航空機がなぜ?

【写真】北朝鮮船の「瀬取り」と疑われる現場写真

Large 180928 p3c 06
北朝鮮船籍タンカーと船籍不明の船舶による、いわゆる「瀬取り」と疑われる現場。2018年6月29日、東シナ海の公海上で確認された(画像:海上自衛隊)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(6枚)

Writer: 稲葉義泰(軍事ライター)

軍事ライター。現代兵器動向のほか、軍事・安全保障に関連する国内法・国際法研究も行い、商業誌への掲載実績有り。小学生の頃は「鉄道好き」、特に「ブルートレイン好き」であったが、その後兵器の魅力にひかれて現在にいたる。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 国防論は要チェックや

  2. これは頼もしいですね