米海兵隊F-35B、地味に初実戦をこなす 明暗分かれる歴代名/迷戦闘機のデビュー模様

新兵器の投入が戦況を覆すというのは、フィクションではよく見られる筋書きですが、実際のところはどうでしょうか。歴史に名を残す戦闘機のデビュー戦を見てみると、やはり名を残すだけあって相当のインパクトを与えたものも見られます。

鳴り物入りのF-35、やや地味な実戦デビューを果たす

 アメリカ海兵隊は2018年9月27日、海兵隊に所属するF-35B戦闘機がアフガニスタンで、反政府武装勢力のタリバンに対する攻撃を行なったことを明らかにしました。

Large 181022 debut 01

拡大画像

2018年9月に実戦デビューしたアメリカ海兵隊のF-35B(竹内 修撮影)。

 F-35は飛行場の滑走路を使って離着陸する通常離着陸型のF-35A、短距離離陸垂直着陸型のF-35B、空母からカタパルトを使って発艦し、航空機を短距離の滑走で停止させる「アレスティング・ワイヤー」を使って着艦するF-35Cの3つのタイプが開発されています。

 イスラエル航空宇宙軍は2018年5月22日に、同軍のF-35A'(イスラエルでの呼称はF-35I)を実戦に投入したと発表しています。同軍はそれ以上の詳細を明らかにしていませんが、シリアで活動するイスラム原理主義武装勢力に対する攻撃を行なったものと見られており、これでまだ実戦部隊での使用が承認されていないF-35Cを除く2種類のF-35が、実戦デビューを果たしたことになります。

 アメリカ海兵隊のF-35B、イスラエル航空宇宙軍のF-35Aとも、高性能戦闘機との空対空戦闘や、レーダーや地対空ミサイルが多数配置された国家に対する地上攻撃ではなく、武装集団相手の地上攻撃という、やや地味な形での実戦デビューとなりました。

 とはいうものの、21世紀に入ってから実用化されたそのほかの戦闘機にしても、国家間の大規模な紛争が発生していないため、F-35と同様、地味な形で実戦デビューを果たしています。

テーマ特集「【ミリタリー】なにがすごい? F-35特集」へ

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181022 debut 07
  • Thumbnail 181022 debut 01
  • Thumbnail 181022 debut 02
  • Thumbnail 181022 debut 03
  • Thumbnail 181022 debut 04
  • Thumbnail 181022 debut 05
  • Thumbnail 181022 debut 06

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント