ポルシェ博士のハイブリッド戦車とは また彼は如何にして変速装置を廃するに至ったか

【写真】現存する博士の愛情の結晶「エレファント」

Large 181026 porche 06

拡大画像

ボービントン博物館(英)に展示されている「エレファント」駆逐戦車。90両生産された「フェルディナント」からの改修モデル(月刊PANZER編集部撮影)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(6枚)

Writer: 月刊PANZER編集部

1975(昭和50)年に創刊した、40年以上の実績を誇る老舗軍事雑誌(http://www.argo-ec.com/)。戦車雑誌として各種戦闘車両の写真・情報ストックを所有し様々な報道機関への提供も行っている。また陸にこだわらず陸海空のあらゆるミリタリー系の資料提供、監修も行っており、玩具やTVアニメ、ゲームなど幅広い分野で実績あり。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. >ポルシェ博士といえば自動車史に名を残す技術者ですが、戦車開発にも大きな爪あとを残しています。
    「爪あとを残す」は悪いことに使う語だと思うのですが・・・まあ考えようによっては爪痕か・・・

  2. エレクトリックと言って…ハイブリッドは雑種の意味、ギアと電気の両用だよ…。
    日産NOTE e-powerは純電気駆動だからハイブリッドを謳っていないよね…。