賛否両論あった空自戦闘機部隊のモットー「見敵必殺」 掲げる言葉に見える特色、ほかにも

「誰かが生きているかぎり」掲げ救助へ

 自衛隊や他国の軍隊に属する部隊すべてが、こうしたモットーを掲げているわけではないようですが、モットーを全面に押し出すこともまた、それほど珍しくはないようです。

Large 181211 f2 02

拡大画像

航空自衛隊 航空救難団のUH-60J救難ヘリコプター(画像:航空自衛隊)。

 たとえば航空自衛隊において、捜索救難や輸送を専門とする航空救難団のモットー「That others may live(誰かが生きているかぎり)」は、最も広く知られているもののひとつだと言えます。

 このモットーは、航空救難団と同じ任務を負うアメリカ空軍パラレスキュー部隊のそれがオリジナルであり、「負傷者の救命、救助はパラレスキューマン(救難員)としての私の義務である。私はつねに迅速かつ効率的に任務を果たす覚悟ができている。欲求や快楽よりも任務を優先する。私は『誰かが生きているかぎり』これを行う」という決意の表明から、最後の一文を借り受けたものです。

 事実、彼らは要救助者が生きている限りかならず救助に出動し、仮にひとりを救出するのに何人もの死傷者を出しても、任務を断念することはありません。

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181211 f2 04
  • Thumbnail 181211 f2 05
  • Thumbnail 181211 f2 01
  • Thumbnail 181211 f2 02
  • Thumbnail 181211 f2 03

最新記事

コメント