高速道路110km/h区間の1年 新東名と東北道の試行区間、さらに引き上げ120km/h制限へ

120km/hへの引き上げ、懸念点も

 今回実施される最高速度120km/hへの引き上げは、静岡、岩手の両区間とも、一定の安全レベルが確保されたとして実施されるものです。

 ただし、両区間とも大型トラックについては今後も最高速度80km/hに制限され、実際の速度差が広がる可能性もあります。新東名の試行区間にある片側3車線の箇所では、大型車は原則として最も左の車線を走行しなければなりませんが、東北道の試行区間は全線片側2車線であり、通行帯に制限はありません。

「追い越しなどは、これまで以上に安全確保が重要となります。また、大型トラックがICから高速道路へ流入する際、加速車線で十分に加速することなどについて、広報を強化する予定です」(岩手県警交通規制課)。

 ちなみに、高速道路における速度規制の見直しは、2016年3月に警察庁からその方針が発表されました。最高速度120km/hで設計され、かつ実勢速度が100km/hから120km/hという一部の高速道路について、規制速度を段階的に120km/hへ引き上げる計画です。渋滞の発生が少なく、死傷事故率が低いことから、新東名の新静岡IC~森掛川IC間と、東北道の花巻南IC~盛岡南IC間が試行区間に選ばれましたが、いずれ他区間でも実施されることとなります。

 規制速度引き上げの目的について国の調査研究委員会は、「実勢速度と規制速度の乖離が改善される」のほか、「高速道路の効用をより高める」「速度管理の必要性に関する国民の理解促進につながり、速度規制の実効性が増す」などとしています。一般道でも多くの区間で最高速度の見直しが進められており、警察庁によると、2016年度末までに引き上げが実施された約4400kmのうち9割で、実勢速度「変化なし」あるいは「低下」だったそうです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. 「前車への追突」「車線逸脱」この2つで事故全体の7割以上占めてる
    その中で、スピード超過はたった3%しかない(交通白書引用)

    故に速度を上げると事故件数が増えるというのは明らかに間違い

    まず事故を減らしたければ、
    ・レーンキープアシスト(車線逸脱予防・対向車衝突予防)
    ・前車追従クルコン(追突予防)
    を広く普及させる方が理にかなっている
    精神論や根性論で解決しようとする古い考えは捨てろ

  2. それでも、走行車線が空いているのに追越車線を120km/hで巡航し続けて140km/hのクルマに煽られて「120km/hへの最高速度緩和は誤り」という遵法意識と正義感に満ち満ちた方は減らないかと想像する。

    • そこは、やはり120km/h規制の区間を140km/hで走ろうとするのは間違いである、という広報を徹底するのが王道でしょ。

  3. 先ずは総重8トン以上のトラックの速度抑制を部分的に100まで緩和しなきゃダメだろ
    例えば総重8トン以上から25トンまでの全てのトラックを90に抑えるのが大きな間違い
    たかだか世間で呼ばれる4トン車のシャシを流用した総重11トンくらいまでは100まで切り上げてもいいと思うけどね。