珍しい「鉄道・高速バス連携ダイヤ」導入の背景 競合から協調に舵、JR四国の事情

徳島県内のJR牟岐線で2019年3月から、並行して走る高速バスとの連携が始まります。競合する輸送機関どうしが協力し、利便性を向上させるという珍しい取り組みですが、運用面でうまくいくのか、関係者も思案中だそうです。

JR四国初「パターンダイヤ」と「高速バス連携」

 JR四国が、2019年3月16日(土)にダイヤ改正を実施します。なかでもとりわけ大きく変化するのが、徳島駅と県南部の海部駅を結ぶJR牟岐(むぎ)線です。

Large 190131 mugisen 01

拡大画像

徳島駅を発車した牟岐線の阿南行き普通列車(2012年3月、中島洋平撮影)。

 そのひとつは、徳島~阿南(徳島県阿南市)間の9時台から19時台、阿南~海部(同・海陽町)間の10時台から15時台において、これまで特に規則性のなかった発車時刻が、たとえば徳島駅ならば毎時「00分」「30分」発に揃えられます。いわゆる「パターンダイヤ」と称されるものです。

 JR四国によると、これまで高松駅発の快速「マリンライナー」など、一部列車で発車時刻がパターン化されてはいたものの、普通列車も含めた路線全体での導入は初めてとのことで、わかりやすいダイヤを導入し、利便性の向上を図るといいます。また、これにともない徳島~阿南間で普通列車を8本増発。一方で1日4往復あった特急(「むろと」「ホームエクスプレス阿南」)は朝夕の1往復のみになるなど、牟岐線は普通列車主体のダイヤに転換され、阿南~海部間は減便されます。

 その阿南~海部間での減便を補う策として、並行して走る徳島バスの高速バス「室戸・生見・阿南大阪線」と、阿南駅での乗り継ぎに便宜が図られます。

 この高速バスは本来、高知・徳島県内の沿線と神戸・大阪とを結ぶのが目的であり、路線バスのように地域のなかで乗り降りができるタイプのものではありません。徳島バスによると、現状で高知・徳島県内のバス停は、大阪方面行きの「乗車のみ」、室戸方面行きの「降車のみ」となっていますが、牟岐線および阿佐海岸鉄道(海部~甲浦)沿線に位置する阿南駅から甲浦(かんのうら、高知県東洋町)までの各バス停を、「乗降」可能に変更するとのこと。これにより、列車の本数が少なくなる阿南~海部~甲浦間で、高速バスを路線バス代わりに使えるようにするわけです。

 徳島バスはJR四国のダイヤ改正にあわせ、阿南駅での列車とバスの乗り継ぎに10分以上の余裕を持たせるべく、「室戸・生見・阿南大阪線」も一部の便でダイヤを変更するといいます。ただし列車、バスともに、どちらかが遅れている場合に発車を遅らせて接続をとるようなことはなく、また、バスへの乗り継ぎは座席に空きがある場合に限られるそうです。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190131 mugisen 04
  • Thumbnail 190131 mugisen 01
  • Thumbnail 190131 mugisen 02
  • Thumbnail 190131 mugisen 03

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 客の奪い合いから協力関係へ・・・は良い事だとしても、運転手が不足しているのは何方も同じであるならば、単純に一人の運転手で運べる人の数で比べれば鉄道の方へ切り替えるのが効率が良いのでは?

  2. 九州で言えば
     直方PAバス停と筑前植木駅 西合志バス停と熊本電鉄三ツ石駅 武蔵ヶ丘バス停と武蔵塚駅 
    などが 高速バス停と鉄軌道駅が近くにあるものの 結節 しきれていない残念な場所です。

    全国的に 高速バス停と鉄軌道駅及び一般路線バス停を 結節 して乗り換えできるような、公共交通全体を発展させていく 考えや政策が広まることを願っています。

  3. そうね、戦の相手はお客さんじゃないので敵に塩を送る頭の部屋割り、アッパレじゃー