新名神・新東名きょう開通 「渋滞名所」も激変! 続く春の道路開通ラッシュ

神奈川の新東名もきょう開通!

 きょう2019年3月17日(日)開通の重要道路はほかにもあります。

新東名高速 厚木南IC~伊勢原JCT(神奈川県)

・開通日:2019年3月17日(15時)
・距離:約4km

 厚木南ICから1区間西へ延伸し、伊勢原JCTで東名に接続。これにより、伊勢原JCTから圏央道のあいだで、東名(伊勢原JCT~海老名JCT)と新東名(伊勢原JCT~海老名南JCT)による「ダブルネットワーク」が完成します。

 たとえば東名上り線から圏央道へ向かう場合、渋滞が発生しがちな海老名JCTを避け、その手前の伊勢原JCTから新東名・海老名南JCT経由で圏央道へ入ることが可能に。また圏央道内回り(茅ケ崎方面)では、海老名JCTから東名へ入ろうとするクルマによる渋滞も発生していましたが、海老名JCTを素通りして海老名南JCTへ行き、新東名経由で東名下り線へ向かうこともできるため、東名、圏央道ともに、海老名JCTの周辺で発生している渋滞要因の改善が見込まれています。

Large 190314 kaitsu 02

拡大画像

新東名の厚木南IC~伊勢原JCT間(2019年3月、中島洋平撮影)。

東海環状道 東員IC~大安IC(三重県)

・開通日:2019年3月17日(16時)
・距離:約6.4km

 新名神の新四日市JCT~亀山西JCT間と同時開通。東海環状道は愛知・岐阜・三重3県を環状に結ぶ道路で、新東名(豊田東JCT)から中央道(土岐JCT)、東海北陸道(美濃関JCT)までの東側区間は開通済みです。現在は西側にあたる岐阜・三重県内の建設が進められており、今回、2016年に開通した新四日市JCT~東員IC間より1区間北へ延伸。NEXCO中日本によると、東員IC~大安IC間の所要時間が国道365号経由から約5割短縮され、輸送効率が約2割向上するとしています。

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190314 kaitsu 05
  • Thumbnail 190314 kaitsu 06
  • Thumbnail 190314 kaitsu 07
  • Thumbnail 190314 kaitsu 08
  • Thumbnail 190314 kaitsu 09
  • Thumbnail 190314 kaitsu 10
  • Thumbnail 190314 kaitsu 01
  • Thumbnail 190314 kaitsu 02
  • Thumbnail 190314 kaitsu 03
  • Thumbnail 190314 kaitsu 04

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 日本の大動脈を2車線規格で作ってしまうなんて…。