北朝鮮の瀬取りのみならず 日本周辺に各国軍集結のワケ イギリス、フランス…

北朝鮮の瀬取り監視には数か国が艦艇や哨戒機を派遣していますが、どういった国々が顔を揃えているのでしょうか。各国の思惑としては、やはり中国へのけん制も見据えていると考えられます。

西太平洋で日米英が共同演習を実施、その背景に…

 2019年3月14日(木)から15日(金)にかけ、日本の本州南方に広がる海域で、日米英による3か国共同演習が実施されました。海上自衛隊からは護衛艦「むらさめ」と哨戒機の「P-1」に加え、艦名は不詳ながら潜水艦が参加、一方、イギリス海軍からはフリゲート艦「モントローズ」が、アメリカ海軍からは哨戒機「P-8A」がそれぞれ参加しています。このような日米英共同演習は、昨年2018年の12月に初めて実施されて以来、2回目です。

Large 190320 sedori 01

拡大画像

2019年3月14日と15日に米英海軍との共同訓練に臨んだ、海上自衛隊の護衛艦「むらさめ」(画像:海上自衛隊)。

 今回の演習に参加した艦艇のうち、イギリス海軍の「モントローズ」は、東シナ海などの海上における北朝鮮による違法な物資のやり取り、いわゆる「瀬取り」を監視するために、はるばるイギリス本土から派遣されました。近年イギリスは、アジアを含めたグローバルなプレゼンス(存在感)強化を推進していて、これもその一環といえるでしょう。

「モントローズ」と同様に最近、日本周辺海域には瀬取り監視を目的とした各国の艦艇や航空機が派遣されていますが、どういった面々が集結しているのでしょうか。

この記事の画像をもっと見る(6枚)

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190320 sedori 06
  • Thumbnail 190320 sedori 01
  • Thumbnail 190320 sedori 02
  • Thumbnail 190320 sedori 03
  • Thumbnail 190320 sedori 04
  • Thumbnail 190320 sedori 05

最新記事

コメント