山形・秋田新幹線「E3系」どんな車両? 2代目ミニ新幹線は「こまち」から「つばさ」へ

秋田新幹線「開業」にあわせてデビューしたE3系は、400系に続いて開発されたミニ新幹線の車両です。車体の大きさなどは400系とほぼ同じですが、モーターやシステムは大きく変化。いまは活躍の場が秋田から山形新幹線に移りました。

車体の大きさは400系、性能はE2系

 E3系電車は、東北新幹線から秋田新幹線に直通する列車「こまち」用として開発された車両です。いまは山形新幹線に直通する東京~新庄間の「つばさ」で使用。一部の車両は観光列車用に改造され、山形新幹線と上越新幹線を走っています。

Large 190912 sksretsudene3kei 11
秋田新幹線を走っていたころのE3系「こまち」(2011年12月、恵 知仁撮影)。

 1997(平成9)年に「開業」した秋田新幹線は、先に整備された山形新幹線と同じ「ミニ新幹線」。盛岡~秋田間の在来線(田沢湖線と奥羽本線)を改造し、2本のレール幅(軌間)を新幹線と同じにして、東北新幹線からの直通運転を可能にしました。

 山形新幹線と同様、車両の走行スペースは新幹線より狭い規格のままだったため、直通運転を行うためには車体の大きさを在来線に合わせた小型車両が必要です。そこで山形新幹線用に開発された400系電車に続き、1995(平成7)年に秋田新幹線用のE3系が開発されたのです。

 400系と同じミニ新幹線向けの車両ですから、車体の大きさは400系とほぼ同じ。東北新幹線の東京~盛岡間では、200系電車やE2系電車などほかの車両と連結して走るため、東京寄り先頭車に併結装置を搭載しています。これも400系と同じです。

 しかし、シルバー塗装の車体が斬新だった400系に対し、E3系の車体は白とグレーの2色をベースにピンクの帯を巻いた塗装を採用。柔らかな印象を受けます。ブラインドの柄は走行路線にちなみ、秋田の祭「竿灯」をイメージしたデザインでまとめられました。

 また、車体の素材はアルミ合金を使用して軽量化。モーターの出力もアップし、最高速度は設計上が315km/h、営業運転での最高速度は400系より35km/h速い275km/hになりました。実はこれ、同じ時期に開発されたE2系と同じ。モーターを制御する装置などもE2系と共通です。400系の後継車両というより、E2系をミニ新幹線向けにアレンジした車両といえます。

【写真】E3系改造「現美新幹線」の外観・内部

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190912 sksretsudene3kei 31
  • Thumbnail 190912 sksretsudene3kei 32
  • Thumbnail 190912 sksretsudene3kei 33
  • Thumbnail 190912 sksretsudene3kei 34
  • Thumbnail 190912 sksretsudene3kei 35
  • Thumbnail 190912 sksretsudene3kei 36
  • Thumbnail 190912 sksretsudene3kei 37
  • Thumbnail 190912 sksretsudene3kei 38
  • Thumbnail 190912 sksretsudene3kei 11
  • Thumbnail 190912 sksretsudene3kei 21

最新記事

コメント