首都圏~山梨・長野・北陸の移動手段は 迂回路・臨時便あり 台風被災区間はいつ再開?

中央本線や北陸新幹線、中央道、上信越道の不通区間、運転再開見込み、迂回ルートなどをまとめました。

新幹線や高速道路も不通区間残る

 台風19号の影響で、2019年10月18日(金)現在も東日本を中心に鉄道や高速道路で運転見合わせや通行止めが続いています。首都圏と、山梨、長野、富山、石川方面の交通状況をまとめました。

首都圏~山梨

 中央本線は仮復旧で運転を再開した一方、中央道は通行止めが続いています。

Large 191018 koutsuu 01
中央道通行止めに伴う迂回路の例。国道20号の大垂水区間は通行止めが解除されている(画像:国土交通省、NEXCO中日本)。

鉄道

 中央本線は高尾~大月間が18日(金)に運転を再開しました。ただし高尾~相模湖間は下り線のみを使った仮復旧であるため、80~140分間隔の単線往復運転が行われます。

 全面運転再開は10月末になる見通しです。東京と山梨を結ぶ特急「あずさ」「かいじ」「富士回遊」は10月末までの運休が決定しています。

 迂回ルートとなる身延線(富士~甲府)では、特急「ふじかわ」とあわせて臨時快速列車も運行中。東海道新幹線、東海道本線と乗り継いでアクセスが可能です。

高速道路

 中央道は八王子JCT~大月IC間で通行止めが続いています。この区間は19日(土)正午をめどに通行止めが解除される見込みです。圏央道は八王子西ICの外回り入口が閉鎖されています。

 なお、並行する国道20号は、東京都・神奈川県境の大垂水峠を越える区間の通行止めが18日(金)朝6時に解除されました。一方、大月市内の法雲寺橋は通行止めが続いているため、並行する中央道の大月IC~勝沼IC間では、この区間のみを利用する場合に限り通行料金を無料にする措置がとられています。

 国土交通省やNEXCO中日本は、東名高速と東富士五湖道路、中央道を乗り継ぐルートなどに迂回するよう呼び掛けています。

高速バス

 中央高速バスの新宿~富士五湖線、渋谷~河口湖線は17日(木)時点で本数を減らして再開。新宿~甲府間は18日(金)、東名高速経由で臨時便を運行します。西武バスの河口湖線は迂回運行を実施します。

【図】東京~富山・金沢間の移動手段

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント