晴海・豊洲を走っていた鉄道 知られざる「東京都港湾局専用線」 遺構をたどる

東京臨海部の豊洲と晴海を隔てる運河にさび付いた「晴海鉄道橋」が架かっています。貨物線廃止から約30年間そのままですが、このたび再活用に向けて動きが。戦後の復興を支えた東京都港湾局専用線の歴史を振り返りつつ現地を歩きました。

東京都港湾局専用線、動き出した保存・公開への道

 高級マンションや大型ショッピングモールが並ぶ豊洲(東京都江東区)から、晴海(同・中央区)に向かう春海橋の横に、さび付いた鉄橋があります。これは、越中島と晴海ふ頭一帯を結んでいた、東京都港湾局の貨物専用鉄道の跡。一般には「晴海橋梁」「晴海鉄道橋」などと呼ばれ、1989(平成元)年に廃止されて以来、約30年にわたって撤去されずに残っています。

Large 190220 harumi 01

拡大画像

復活に向けて動き始めた晴海鉄道橋。その下を1日2回、豊洲発浅草行き水上バス「ヒミコ」が通過する(2019年12月、栗原 景撮影)。

 都会の中の廃線跡として知られたこの鉄道橋が、近い将来、遊歩道として復活することになりそうです。東京都は2017年に臨海部の海上公園ビジョンを策定し、そのなかで晴海鉄道橋の遊歩道化を盛り込みました。

 その後しばらく動きはありませんでしたが、2019年7月に基本・実施設計に着手。大手建設コンサルタント会社のオリエンタルコンサルタンツに業務を委託して、いよいよ遊歩道化に向けて動き出しました。東京都港湾局開発整備課によれば、現在はどのくらい補修が必要なのか技術的な検討を行っている段階で、2020年春までに成果を得ることになっています。

 晴海鉄道橋を含む東京都港湾局専用線の晴海線が開業したのは、1957(昭和32)年12月17日のことですが、この鉄道の歴史を紹介するには、もう少し時計の針を戻す必要があります。

【写真】廃線跡と当時の晴海鉄道橋を渡る貨物列車

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190220 harumi 05
  • Thumbnail 190220 harumi 06
  • Thumbnail 190220 harumi 07
  • Thumbnail 190220 harumi 08
  • Thumbnail 190220 harumi 09
  • Thumbnail 190220 harumi 10
  • Thumbnail 190220 harumi 11
  • Thumbnail 190220 harumi 12
  • Thumbnail 190220 harumi 13
  • Thumbnail 190220 harumi 01
  • Thumbnail 190220 harumi 02
  • Thumbnail 190220 harumi 03
  • Thumbnail 190220 harumi 04

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 遊歩道化は想定以上に劣化が激しくて予算オーバーってんでキャンセルになったはずだけど。
    また最近そんな話が湧いてきたの?
    わざわざ都税つぎ込むよりは、このままオブジェで良いんじゃない。
    歩道にするならコンクリで線路埋めて背の高い欄干付けて、別物になっちゃうしね。