懐かしの「側面ウッドパネルのクルマ」人気再燃か 80年代に流行 アウトドアなイメージ

1980年代、側面にウッドパネルの装飾を施したクルマが流行しましたが、その人気が再燃しています。いまのクルマをそのようにカスタムする動きのほか、当時の中古車にも注目が集まっています。

ウッドパネルの装飾 アメ車から日本車へ

 1980年代を中心に、クルマの側面をウッドパネルで装飾したワゴンが流行しました。そのスタイルがいま、改めて注目されているようです。

 2020年1月に開催されたカスタムカーの祭典「東京オートサロン」では、ホンダ「N-VAN」の側面に帯状の木調装飾を施した「N-VAN MALIBU」が、「東京国際カスタムカーコンテスト2020」のKカー・コンパクトカー部門で最優秀賞を獲得しました。手掛けたのは、ドレスアップパーツなどを製造するDAMD(神奈川県大和市)です。同社はこの装飾について、「レトロな雰囲気も出ますし、このクルマで自然のなかへ足を運んでもらいたい、というコンセプトにも合う」と話します。

 ほかにも近年、「東京オートサロン」などのショーでは、ウッドパネルを施したスズキ「ジムニー」やトヨタ「ハイエース」といったカスタムカーの出展が見られます。2018年にはフォルクスワーゲンジャパンが、「ザ・ビートル」の側面にウッドパネルを取り付けたモデルを出展し、その好評を受ける形で同パネルを純正アクセサリーとしても発売しています。

Large 200306 wood 01

拡大画像

ウッドパネルの装飾が施されたホンダ「シビック カントリー」。1980年発売(画像:ホンダ)。

 もともと、このような側面にウッドパネルを使ったクルマは、1960年代から70年代のアメリカ車、とりわけステーションワゴンなどで多かったものです。なお、ウッドパネルといっても多くはデカール(シールの一種)ですが、なかには本物の木の板を貼り付けているモデルもあります。

 そして日本では1970年代後半から80年代にかけ、ホンダ「シビック」のワゴンモデルである「シビック カントリー」、三菱「ギャランΣ(シグマ)エステートバン」、日産「サニー カリフォルニア」や「セドリック/グロリア」のワゴンなど、ステーションワゴンを中心に標準あるいはオプション仕様として、側面にウッドパネルを施したモデルが多く登場しました。

「側面ウッドパネルのクルマ」当時のアメ車から現在のカスタムモデルまで

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 自由登校期間に入った高校の事務室玄関前に、△先生の黄色いバネットのとなりに色と木目がそっくりなサニーカリフォルニアが停まっていた!事務室に学割証をもらいに行ったら職員が話している。「ねえあの黄色い車だれの?」「△先生のじゃないの?」「今日はもう一台あるのよ」 
    廊下で出会った生徒◯に聞いたら、「免許がとれたので中古を買って乗ってる」、と。なるほど校則には四輪車で通学してはならないと書いてある…