都内の地下鉄ターミナル なぜ大手町駅? そう離れていない東京駅に集約しなかった理由

大名屋敷、官庁、その後民間へ払下げ オフィス街「丸の内」の変遷

 しかし、丸の内側の乗降人員は依然として多く、また連合軍による接収の解除はそう遠いものではないと予想されていたこと(主要な建物は1952〈昭和27〉年から1956〈昭和31〉年ごろにかけて順次接収解除)、さらに丸の内から大手町にかけて多数の高層ビル建築の計画があり、同方面が今後、一段と発展が予想されることから、当初案通り丸ノ内線は、大手町と丸の内を経由するルートに決定しました。もしここで八重洲口ルートを選択していたら、東京の地下鉄ネットワークは今とは大きく異なったものになっていたことでしょう。

Large 200403 otemachi 02

拡大画像

東京駅の丸の内口から見た大手町駅方面(画像:写真AC)。

 そもそも大手町とは、江戸城の正門にあたる「大手門」に由来する地名です。江戸時代、大手町には大名屋敷が立ち並んでいましたが、明治に入ると大名屋敷の跡地を転用して大蔵省や内務省などの官庁街に生まれ変わりました。現在のようなオフィス街になったのは戦後、中央官庁が霞ケ関に集約され、跡地が民間に払い下げられて以降のことです。

 日本開発銀行や日本長期信用銀行などの金融機関や、読売新聞、日本経済新聞、産経新聞など新聞社の本社ビル、そして経団連や農協が進出し、大手町は丸の内から続くオフィスビル街として存在感を示すようになります。その起爆剤となったのが、1956(昭和31)年に開業した丸ノ内線大手町駅だったのです。

 続いて大手町に開通したのが東西線です。戦前から続く地下鉄整備計画では、東西線(5号線)は東京駅を経由することになっていましたが、1957(昭和32)年の計画改定により経由地を大手町に改め、丸ノ内線と接続するとともに大手町から分岐して巣鴨、板橋方面へ延伸する支線計画が追加されました。

【地図】地下でターミナルを築く大手町駅と東京駅の位置関係

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. どこにせよ集約しなければならないものですかね。4線以上結節させたら都市計画上の失敗だと外国の人に言われそうですが。

  2. 京葉線の東京駅が南に大きくずれている理由…
    皇居を避けて西に路線を伸ばす余地を残すため……

    つまり東西方向に走る路線を東京駅直下に通そうとすると立ち塞がるのが皇居…

    皇居のコの字にも触れていないが、全く無関係だろうか?

    丸ノ内線が八重洲線になっていたとしても、大手町のような状態が日本橋辺りにずれるだけで、後続の各線が東京駅直下を通そうとしなかったことに変わりがなさそうだが……

    筆者が元メトロ社員の肩書きを出すなら…
    尚更に、かなり消化不良な記事……