主翼曲げれば万事解決!「逆ガルウィング」戦闘機F4U「コルセア」なぜ傑作機になったか

アメリカの艦上戦闘機として最多の生産数を誇るのがF4U「コルセア」です。本機は第2次大戦勃発前に開発され、運用終了は大戦終結から34年も経った1979年のこと。しかし、誕生当初は艦上機なのに肝心の空母で運用できない“駄作機”でした。

設計開始は第2次大戦が始まる前

 第2次世界大戦中、アメリカ海軍は多種多様な航空機を開発・運用しましたが、空母に発着艦可能な艦上戦闘機のなかで最多の生産数を誇るのがF4U「コルセア」戦闘機です。

 F4U「コルセア」戦闘機は初飛行後、初期には不具合に悩まされ、一時は空母で運用するには不適格との烙印が押されるほどでした。しかし、様々な欠点を地道に改善していった結果、第2次世界大戦後も現役であり続け、朝鮮戦争にも参加し、一部の国ではF/A-18「ホーネット」戦闘爆撃機が初飛行(1978年11月18日)したあとの1979(昭和54)年まで現役であり続けたのです。

 なぜF4U「コルセア」はそこまでの傑作機に昇華できたのか、改めて探ってみます。

Large 210527 f4u 01

拡大画像

F4U「コルセア」戦闘機の後期型であるF4U-4。第2次世界大戦末期に登場、1947年まで生産された。ちなみに愛称の「コルセア」とはイスラム系の海賊という意味(画像:アメリカ海軍)。

 そもそもF4U「コルセア」が生まれたのは、第2次世界大戦が始まる前にさかのぼります。アメリカ海軍がブリュースター社製のF2A「バッファロー」を採用した直後の1938(昭和13)年初頭、すでに同海軍は、次世代の艦上戦闘機の導入を計画しており、各社に対して新型機を競合試作させることにしました。

 検討段階では、さまざまなプランが考慮されましたが、この新型艦上戦闘機には、新たに開発された2000馬力級のプラット&ホイットニーR-2800「ダブルワスプ」空冷星型18気筒エンジンを搭載することに決めます。つまりアメリカ海軍としては、当時の感覚では「重戦闘機」に相当する機体を、次期主力艦上戦闘機にしようと考えたのです。そして、チャンスヴォート社が提案した社内名称V-166Bが、1938(昭和13)年6月に「XF4U-1」として海軍に採用され、試作発注を受けました。

【写真】生産数たった10機!「スーパーコルセア」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント