「東武線→新横浜直通」に勝機はあるか 東急新横浜線めぐる判断 西武は名より実をとる?

相鉄・東急新横浜線の開業により、6社局9路線にまたがる直通ネットワークが完成しますが、新横浜直通をめぐっては東武と西武で方針が分かれました。「新幹線駅へ乗り換えなし」。メリット・デメリットを時間・運賃の点からも考察します。

東武と西武で分かれた「新横浜乗り入れ」の判断

 2023年3月の開業に向けて準備が進む東急新横浜線・相鉄新横浜線。その運行形態は相鉄線と東急目黒線、そして目黒線と既に直通運転している東京メトロ南北線、埼玉高速鉄道線、都営地下鉄三田線がメインルートになると見られますが、東急東横線と東京メトロ副都心線にも一部の列車が直通運転を行います。

Large 220203 shinyo 01

拡大画像

東武は東急新横浜線への直通を決定した。写真はイメージ。

 現在、副都心線には東横線以外にも東武東上線と西武池袋線(西武有楽町線、狭山線含む)が乗り入れていますが、今回の発表で明らかとなったのは、東武のみ新横浜線直通列車が設定され、西武は乗り入れを見送るということでした。

 事前の予想では東武、西武ともに新横浜線への直通はしないのではないかと見られていただけに、東武の直通方針は意外でしたが、東武と西武で判断が分かれたのも興味深いところです。

 両社の選択にはどのような背景があったのか。「乗りものニュース」の取材に対し東武は「東海道新幹線へのダイレクトアクセスが実現し、東上線沿線の利便性が拡大します。直通運転により相互に人の行き来が生まれ、沿線活性化につながると考え、直通を行う方針としました」しています。

 一方、西武は「西武線沿線からの相鉄・東急新横浜線方面へは、横浜駅方面と比べ利用が少ないことが見込まれるため、S-TRAINも含め直通運転は行いません」との考えです。

 まずは東武から考えてみましょう。東上線沿線の利便性が拡大するとしていますが、実際にはどれだけ効果があるのでしょうか。例えば、東上線の川越市から東海道新幹線を利用する場合を想定してみます。

【既に顔合わせ】東急の車両基地に停車する相鉄の電車

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 朝7時頃に新幹線リレー号として森林公園発で海老名着9時か10時頃折り返し川越特急として12時頃森林公園着。
    夜は16時頃森林公園発の川越特急で海老名着折り返し19時頃発で新幹線リレー号森林公園着の列車があれば良さそうな感じはありますね。
    夏の間臨時列車とかで湘南台行くと江ノ島需要もありな気がします。
    Sトレイン並みの価格帯ならば運賃計算上は海老名から先小田原箱根の需要も取り込めそうな感じもしますね。

  2. 東急新横浜駅の乗降場は地下4階、新幹線新横浜駅のそれは地平レベルよりさらに上にあるが。

    • 確かに地下4階だと通常のコンコース経由の乗り換えよりかかりそうですが、地下3階にホームがある押上駅からソラマチまで行く方多いですし、六本木駅から六本木ヒルズまでが8分くらい(Googleマップ調べ)よりは乗り換え時間かからないのかなと思いましたがどこまで需要が生まれるでしょうか。三田線なら大手町の方が近いので三田線需要は少ない感じはしますね。

  3. 川越市民です。仮に川越駅から東海道新幹線で新大阪以西に向かう際は、いつもJRで大宮経由で東京駅を使用しています。
    理由は2つ。
    1つ目は本文でも書かれている通り、余裕を持って乗車するためで、特に自由席の場合は東京駅からは必ず座れるので東京駅を使用します。
    2つ目は往復割引の運賃になります。川越から大阪市内の往復乗車券を購入した場合、基準駅となる大阪駅まで602kmと、600kmを超えているため往復割引が適用されます。自由席利用の場合往復27,540円。これは東上線池袋経由で山手線で品川駅に出る往復乗車の28,700円よりも1,160円も安価になります。乗り換えの回数も同じ、スマートEXは新幹線乗車駅までは別料金なのでそれよりも断然安くなります。唯一のデメリットは所要時間ですが、10分〜15分ほど多いものの、そもそもが大きい移動ですので、そこまで気になりません。切符も当日券売機で買えます。