「Jaguar」はジャガー、ジャグア、ジャギュア、ヤグアル…? 兵器愛称バラバラすぎ問題

兵器の世界でよく使われる愛称の「Jaguar」。しかし読み方は英語、フランス語、ドイツ語でバラバラ。しかもアメリカ英語とイギリス英語でも違います。それらを一挙ご紹介。

アルファベット表記は同じなのに…

 先ごろフランス陸軍が採用した最新の装甲偵察戦闘車(Engin Blinde de Reconnaissance et de Combat:EBRC)には、「Jaguar」という愛称が付けられています。これを日本語で表すと「ジャグア」。ただ、このカタカナ表記はフランス語の発音に限りなく近づけた音で、「Jaguar」の英語読みを日本式にカタカナ表記した場合は「ジャガー」になります。

 つまり「ジャグア」と「ジャガー」は同じ愛称というわけですが、ミリタリーの世界では、たくさんの「Jaguar」が陸だけでなく海や空にも“生息”しています。それらのうち代表的なものをいくつかピックアップしてみました。

Large 220304 jaguar 01

拡大画像

各国の「Jaguar」の愛称を持つ兵器たち(フランス陸軍、アメリカ空軍、サンディエゴ航空宇宙博物館)。

 さまざまな動植物には、標準和名と呼ばれる日本語の正式な名称が付けられており、それはネコ科の有名な猛獣も同じです。たとえばトラ(英名:Tiger)やヒョウ(英名:Leopard)がその代表格です。一方で、ライオン(Lion)やチーター(Cheetah)のように、英名などの外国名がそのまま標準和名となっているケースもあり、ジャガーはこちらに含まれます。つまり日本では、ジャガーが標準和名ということです。

 これらネコ科の猛獣は、「百獣の王」とも呼ばれるライオンを筆頭に獰猛な種が多いため、そのイメージから、さまざまな兵器の愛称に用いられていますが、ジャガーはなかなか人気がある様子。

 冒頭にあげた最新の装甲偵察戦闘車「ジャグア」を筆頭に、イギリスとフランスが共同開発した軽攻撃機SEPECAT「ジャギュア」、ドイツの対戦車ミサイル搭載車両「ヤグアル」、同じくドイツが開発した魚雷艇「ヤグアル級」など、ざっと頭に浮かんだだけでもこれだけ出てきます。さらに民間には、イギリスの名車として知られるスポーツカーブランド「ジャガー」もあります。

【全部Jaguar!】同じ愛称ながらカタカナ表記が違う兵器たち

最新記事

コメント