都心の高速バスターミナルなぜ点在 初心者にわかりづらい現状、その歴史的背景

東京都心の高速バスターミナルは、東京駅、新宿のほか浜松町や大崎など複数点在しています。同じ行き先でも会社によって停留所が異なることもあり、わかりづらいという声も。高速バスの歴史をたどると、その理由が見えてきます。

点在する高速バス停留所、それぞれに歴史あり

 わが国の大都市では、高速バスの停留所がいくつかのターミナル駅周辺などに分散しています。東京でいえば、東京駅周辺の数か所のほか、浜松町、品川、大崎、渋谷、新宿、池袋、上野、秋葉原などに停留所があります。大阪でも、梅田となんばにそれぞれ数か所ある以外に、天王寺や京橋、新大阪などに分散しています。

Large 180702 busterminal 01

拡大画像

東京駅に近い鍛冶橋駐車場。おもに「高速ツアーバスからの移行事業者」による夜行バスなどが発着する(成定竜一撮影)。

 比較的短距離の昼行路線については、中央道方面は新宿、東関東道や常磐道方面は東京駅という風に、方面別にある程度まとまっています(例外もあります)。しかし、長距離の夜行路線ではそのような傾向はありません。たとえば東京から青森県への路線では、行き先や運行事業者によって、東京駅(2か所)、浜松町、品川、新宿、上野とバラバラです。どうしてこうなったのでしょうか。ここでは、東京を例にして説明します。

 戦後、乗合(路線)バスは、各地域でひとつずつの会社に対して、国から事業免許が与えられました。地方の乗合バス事業者は、県をいくつかに分けた「生活圏」ごとに1社ずつ存在しますが、大都市周辺では、各社の事業エリアはもっと細分化されます。おおむね、山手線内とその東側は東京都交通局が、山手線の外側は、東急や京王など大手私鉄系のバス事業者が鉄道の沿線単位で事業免許を取得しました。

 1964(昭和39)年、名神高速が開通してわが国でも高速バス事業が開始されるにあたり、諸外国のように地域の乗合バスと幹線バスを別制度とはせず、高速バスは乗合バスの一部だとされました。前述のように乗合バスは地域独占的な免許制度でしたから、バス事業者は自由に高速バス路線を設定することができません。当時、高速バスの運行を認められた事業者は、以下の3つのパターンでした。

・事業エリアが隣接する乗合バス事業者どうしが「相互乗入」を行う場合
・当該路線沿線の各乗合バス事業者が共同出資し設立した「高速バス専業者」
・国鉄バス(現・ジェイアールバス関東など)

「相互乗入」は、一般道を走行していた新宿~富士五湖線を中央道経由に付け変えた京王帝都電鉄(現・京王バス東など)/富士山麓電鉄(現・富士急行など)が典型です(現在は共同運行化)。「専業者」は、東京~仙台などを運行する東北急行バス(東武鉄道や現在の宮城交通など沿線各事業者が出資。現在は東武の100%子会社)、東京~名古屋などを運行する東名急行バス(東急や名鉄など沿線事業者が出資。会社解散済み)が代表的と言えます。

テーマ特集「【バス】永久保存版! 高速バスでもっと快適に移動する方法 電車や新幹線よりこんなに安い?」へ

この記事の画像をもっと見る(8枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180702 busterminal 08
  • Thumbnail 180702 busterminal 01
  • Thumbnail 180702 busterminal 02
  • Thumbnail 180702 busterminal 03
  • Thumbnail 180702 busterminal 04
  • Thumbnail 180702 busterminal 05
  • Thumbnail 180702 busterminal 06
  • Thumbnail 180702 busterminal 07

関連記事

最新記事

コメント

Leave a Reply to 高速バス利用者 Cancel reply

6件のコメント

  1. 元ツアー系の高速バス愛用者から見れば疑問点は多いかもしれないが、鉄道会社系高速バス利用者からすると至極当然に思っていた。
    地域の路線バスだって各事業者や自治体で揉めるのが通例だったし。
    渋谷にあっては狭隘な駅前から路線を割り振るのも色々苦労し、さらに再開発工事でカオス状態。高速バスはマークシティで解決したが、路線バスは整備にあと何年かかるやら…

  2. JRバスと共同運航便に関して、東京駅八重洲南口JRバス乗り場と日本橋口の到着は現状維持で。何の問題もないでしょ。昔の新宿駅のJRバス乗り場と違って、整備されている訳だし。

    上記以外のバス会社やツアーバスがそのターミナルに入居させればいいのでは?

    既存の施設も有効活用し、混雑緩和も図って欲しい。

    乗り物ニュースも不要なことを言って、ヘンに煽ることを言うからな。

    • 使い慣れている人間や我々のようなヲタ、でなくても、一定の注意力のある人間ならそれでいい。

      だが、考えてみてくれ。
      バスタで乗り場が統一されても、ろくに案内表示を見ず、出発間際に駆け込んできて出発を遅らせたり乗り遅れたり・・・そんな信じられないような大マヌケ共が大勢を占める世の中なのだ。
      ということは、乗り場はやはりひとつのターミナルにまとめざるを得ないのではないか?

  3. だとしたら、貴方のいう人たちが迷惑をかけてターミナルがいるということでしょ?そんな人達のためのターミナルっていらないよね。それより、人に迷惑をかけない、そういう失態をさせない様に再教育させる方が優先で、ここでの議論ではないのでは?
    それに遅れてきて知らん顔して、乗車してくる人もいるけどそれで迷惑を被っている人ももっと怒った方がいいと思いますが。何も言わないから、そいつらが好き放題にやる。

    自分が飛行機でそれをやられた時は、通りすがりにイヤミの一言をいいますけどね。

    貴方の考えて見てくれの私の答えです。そんな連中に合わせる必要もないってことです。いくら、大半でも。事前の確認不足、勉強不足、緊張感がない、人に平気に迷惑をかける、そんな連中が悪い。

    • 正論かも知れんが、今更どうしろというのか?
      そいつらかき集めて収容所にでもぶちこんで再教育、洗脳でもするのか?

      やってくれ、頼む。

  4. 需要が高まっても、運転士が足りなければ。。。元も子もない。
    路線バスも含め、国が公共交通に対する待遇・労働環境改善の対策を施さなければ無理だろう。