「愛子」「放出」「安足間」さまざまな難読駅 簡単なようで難しい駅も

国内の約9000か所にある鉄道駅の多くは漢字表記の駅名が付けられていますが、一部の駅は読み方が難しい「難読駅名」になっています。簡単なようで読むのが難しいものや、漢字自体が見慣れないものまでさまざま。実際にどのような難読駅があるのでしょうか。

愛子駅は「あいこ」ではなく…

 鉄道の駅は多くの場合、その駅がある場所の地名を駅名として使っています。地名のほとんどは漢字表記のため、駅名も漢字表記になっていることがほとんどです。

Large 181001 nandoku 01

拡大画像

仙山線の愛子駅。つい「あいこ」と読みたくなる(2015年7月、草町義和撮影/読みの部分にぼかしを入れています)。

 ただ、日本の漢字はひとつの字に複数の読み方があるのが一般的。とくに地名は原則とは異なる読み方をする場合も多く、どう読めばいいのか分からない「難読駅名」も多数あります。

 難読駅名は大きく分けると「一般的な読み方とは異なる」「複数ある読み方のうちどの読み方を選べばいいのか迷う」「見慣れない漢字の組み合わせ」「漢字自体が難しい」の4ケースがあるといえます。それぞれのケースでおもなものを見てみましょう。

一般的な読みとは異なる駅

 比較的よく使われる漢字で構成される駅名は、その読み方も広く知れ渡っており難読ではないはず。しかし、なかには一般的な読みとは異なる読み方をする駅名もあります。

1.愛子駅 宮城県(JR仙山線)
2.神戸駅 群馬県(わたらせ渓谷鐵道)
3.古井駅 岐阜県(JR高山本線)
4.放出駅 大阪府(JR片町線など)
5.小林駅 兵庫県(阪急今津線)
6.原田駅 福岡県(JR鹿児島本線など)

1.あやし/2.ごうど/3.こび/4.はなてん/5.おばやし/6.はるだ

 愛子駅は2001(平成13)年、皇太子ご夫妻の長女・愛子(あいこ)様が誕生された際、漢字が同じということで話題になりました。名前が発表された同年12月7日には、駅名の入った入場券を記念に買い求める人が同駅に殺到したといいます。しかし、愛子駅の読みは「あやし」。「あいこ」ではありません。

 ちなみに関西では、単純なようで読み方が難しい駅が多いといえます。難読駅名としてとくによく知られているのが放出駅。「ほうしゅつ」と読みたくなりますが、実際の読み方は「はなてん」です。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181001 nandoku 02
  • Thumbnail 181001 nandoku 01

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

コメント

8件のコメント

  1. 左沢(山形県)は路線名にもなっていますが、読めないのでは?

  2. もうこいつの記事載せるのやめにしないか?

  3. 愛知御津、御器所もなかなかの曲者。あいちみと ごきそ、前者はおつ、ごつ、みつ と読む人がいるし、後者はおきところ 、おきどころ、おきしょ、ごきしょ と読む人がいる。

  4. 「新田原駅」と「新田原基地」(こちらは駅じゃないけど)は、読みだけじゃなくいろいろと間違えやすいかも。
    とくに関東在住で九州出身じゃない者には、近くに「小田原」があるので余計にわかりづらい。

  5. 成田線の小林駅は「きおろし」だったはずだけど

    • 失礼しました
      何を勘違いしたか,間違えました
      成田線もこばやしですね.
      木下(きおろし)とごっちゃになってしまいました

  6. 御徒町とか日暮里って難読駅名じゃないの? 小田原は「おだはら」じゃないの?

    難読とされてても、近隣の人には当たり前の地名だったりというのが多いと思う。

  7. 愛知県には篠原駅があるが、読みは『ささばら』という愛知環状鉄道の駅があるよ。
    海老名駅も有名じゃないと間違えやすい駅名だし、原当麻駅も「とうま」と読める恐れがあるからな。
    後、京急も難読駅名が多く、追浜駅(おっぱま)、雑色駅(ぞうしき)、安針塚(あんじんづか)、逸見(へみ)などが有名。
    東急にも反町(たんまち)や上野毛(かみのげ)、九品仏(くほんぶつ)が難読地名である事を知らない人多いだろうな。
    東急でも田園都市線在住だと理解できないと思うから。