西武も乗り入れるはずだった東京の「多摩ニュータウン」 幻に終わった原因は

【地図】多摩ニュータウン、消えた計画路線

Large 190226 seibutama 04

拡大画像

多摩ニュータウンに乗り入れる鉄道路線。破線の区間は実現していないが、唐木田~上溝間は沿線自治体が建設を目指して動いている(国土地理院の地図を加工)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190226 seibutama 04
  • Thumbnail 190226 seibutama 01
  • Thumbnail 190226 seibutama 02
  • Thumbnail 190226 seibutama 03

Writer: 草町義和(鉄道ライター)

1969年、新潟県南魚沼市生まれ。鉄道趣味誌で列車の乗車ルポや幻の鉄道(未成線)の散策記などを多数発表してきた。著書に『鉄道計画は変わる。』(交通新聞社)など。趣味はアサガオ、ゴーヤの栽培。

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. もし、西武多摩川線が多摩センターまで延伸していたら武蔵境駅の利便性や南武線のアクセスは今以上に伸びていたと思う。
    武蔵境駅は調布よりよっぽど発展していた上、利用者もすごく増えていたと思う。
    是政から府中本町駅まで延伸していたら利便性更に良くなっていたと思います。