進む空港民営化、航空会社の参入はアリなのか 否定していた国が一転、その経緯と現状

【地図】「民営化空港」一覧

Large 190731 mineika 07

拡大画像

国や地方公共団体が所有権を持ったまま運営を民間に任せる「コンセッション方式」により民営化された、あるいは民営化へ向けた手続きが進んでいる空港一覧(乗りものニュース編集部作成)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(7枚)

Writer: 武藤康史(航空ビジネスアドバイザー)

航空ビジネスアドバイザー。大手エアラインから独立してスターフライヤーを創業。30年以上の航空会社経験をもとに、国内外で航空関係のビジネス創造を手がける。「航空業界を経営目線で理解してもらうべく、航空ビジネスのコメンテーターとしても活躍中。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 空港の様な場所は外国籍の企業や外国人に運営させるのはどうかと思うな。
    危機管理の観点からも国内企業がやるべきだろう。

    • 重要なのは国籍よりもノウハウがあるかどうか
      明治期急速に近代化できたのは外国人のノウハウを取り入れて多くの日本人が努力したから
      関空のは外国人を排除すれば解決する問題ではない