スマホ画面を見せるだけ 伊豆観光「Izuko」だけでバス&ケーブルカーに乗ってみた

東急とJR東日本、ジェイアール東日本企画が伊豆エリアで「観光型MaaS」の実証実験を実施中。スマートフォンで「Izuko」の画面を見せるだけ、という手軽さを、熱海の路線バスとケーブルカーで体験しました。

「選ぶ」「買う」「見せる」の3ステップ

 東急とJR東日本、ジェイアール東日本企画が、2019年12月1日(日)から静岡県の伊豆エリアで開始した「観光型MaaS」の実証実験。スマートフォンだけで観光施設などの検索・予約ができ、デジタルパスをあらかじめ購入すれば、電車やバスなどにも乗車できます。

 サービスを提供する「Izuko(イズコ)」のサイトにスマホでアクセスし、決済用のクレジットカード情報などを入力したうえで、12月10日(火)の実証実験に参加しました。

Large 191210 maas 01

拡大画像

十国峠登り口に停車する熱海駅行きの伊豆箱根バス(2019年12月10日、大藤碩哉撮影)。

 今回は、静岡県熱海市の熱海駅から、同市と函南町の境にある十国峠を目指します。まずスマホを取り出し、「Izuko」にアクセス。そしてデジタルパスの「十国峠ケーブルカーパック」(大人1200円)を購入しました。このパスで、伊豆箱根バスの熱海駅~十国峠登り口間と、伊豆箱根鉄道の十国峠ケーブルカー(十国鋼索線)の往復を利用できます。

 バス乗車時は運転手に、ケーブルカー乗車時は係員にスマホの画面を見せれば利用が可能。ここまで「選ぶ」「買う」「見せる」の3ステップで完結しており、使いやすさが徹底されています。

【写真】還暦超えの現役ケーブルカー

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント