全国「2020年度開通の高速道路」 三陸 中部横断 名二環 「全線開通」も多数

2020年度も多くの高速道路が開通する予定です。三陸沿岸の縦貫道が仙台から八戸まで全線開通するほか、中部横断道や名二環(名古屋第二環状道)などでは未開通部分がつながり、ネットワークとしての機能が大きく広がります。

東北の道路ネットワークが大きく進展

 国土交通省は2020年3月31日(火)、全国の地方整備局などにおける2020年度の事業概要を発表しました。今回は、今年度に開通するおもな高速道路を紹介します。なお、IC名などは一部仮称のものがあります。

「三陸沿岸道路」が全線開通

「三陸沿岸道路」は、仙台市から青森県八戸市まで、太平洋沿岸を縦貫する359kmの道路の総称で、仙台市から岩手県宮古市までが三陸道、宮古市から久慈市までが三陸北道路、久慈市から八戸市までが八戸久慈道と案内されています。東日本大震災の「復興道路」に位置付けられており、2019年度末時点で271kmが開通済みですが、次の未開通区間およそ88kmも、2020年度中にすべて開通する見込みです。

・2020年夏ごろまでに開通:1区間17.0km(宮古中央IC~田老真崎海岸IC)
・2020年内に開通:3区間17.0km(小泉海岸IC~本吉津谷IC、田野畑北IC~普代IC付近、洋野IC~階上IC)
・2020年度末に開通:4区間54.3km(気仙沼港IC~唐桑南IC、田野畑南IC付近~田野畑IC付近、普代IC付近~久慈IC、侍浜IC~洋野IC)

 なお三陸沿岸道路は、宮城県内における三陸道の一部区間(仙台港北IC~鳴瀬奥松島IC)を除き無料です。

東北中央道「相馬~福島」つながる

Large 200402 kaitsu 01

拡大画像

東北中央道 桑折JCT付近(画像:東北地方整備局)。

 東北中央道は、福島県相馬市を起点に、山形県内を南北に縦貫し、秋田県横手市に至る約270kmの道路です。福島県内は、霊山IC(福島県伊達市)と桑折JCT(同・桑折町)までのあいだが未開通ですが、国道4号IC(仮称)~桑折JCT間2.0kmが2020年夏ごろまでに、霊山IC~国道4号IC間10.2kmが2020年度末に開通する予定です。

 これにより、常磐道と接続する相馬ICから、東北道と接続する桑折JCTまでがつながるだけでなく、仙台から相馬、福島、山形のあいだで「8」の字状の高速道路ネットワークが形成され、ルートの選択肢が格段に増加します。なお、この東北中央道の「相馬~福島」区間は、東日本大震災の「復興支援道路」に位置付けられており、通行は無料です。

【地図】2020年度開通予定の高速道路

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント