「青春18きっぷ」1日でどこまで行ける? 「ながら」ない今夏 東京から西を目指す

「青春18きっぷ」1日で九州の入口まで到達

 東京駅を始発で出発して東海道本線・山陽本線の列車を乗り継いだ場合の主要駅時刻は次のとおり。なお旅程は、2020年6月19日現在の平日ダイヤで、特記以外は普通・快速列車です。

東京4時41分発→熱海6時45分着→静岡8時03分着→名古屋10時58分着→京都13時13分着→大阪13時43分着→岡山16時31分着→広島19時50分着→下関23時50分着→小倉0時05分着

 およそ19時間半を要すものの、2410円で東京駅から北九州市の小倉駅まで行けます。小倉駅に到着するときは日付が変わりますが、「青春18きっぷ」の1回分は乗車した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで(東京・大阪の電車特定区間は最終電車まで)有効であるため、この旅程では小倉駅までが有効となります。

 四国方面は徳島や松山まで、山陰方面は鳥取や、途中、第三セクターの智頭急行を経由して松江なども到達可能です。

 ただし、これらはあくまで時刻表ベースの乗り継ぎプランです。実際は食事やトイレ、突発的な運行トラブルなども想定し、余裕をもった旅程を立てた方が無難でしょう。

 ちなみに東京~小倉間を新幹線で移動すると、東京6時00分発「のぞみ1号」の場合、小倉へ10時36分に到着します。運賃と料金の合計は2万2730円(通常期の「のぞみ」普通車指定席)です。

【了】

テーマ特集「【2019-2020年】青春18きっぷの便利な使い方! 値段 買い方 期間 特例ルールも紹介」へ

【路線図】東京からひたすら鈍行乗り継ぎ 一日で行ける限界は

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント