ステルス機まる見え!? ウワサの中国最新駆逐艦搭載レーダー 対抗策のカギは…F-15J?

だったら射程外から撃てばいいじゃない 最新改修型F-15Jの「お役目」

 防衛省と航空自衛隊は対艦攻撃能力を向上させるもうひとつの手段として、F-15Jの能力向上改修型に、最大射程926km以上の空対地ミサイル「JASSM-ER」(Joint-Air-to-Surface Standoff Missile)と、JASSM-ERの設計を基に開発された、最大射程800kmの対艦ミサイル「LRASM」(Long Range Anti-ship Missile)の搭載も計画してます。現時点で世界にはJASSM-ERとLRASMの射程を超える艦対空ミサイルは存在しておらず、両ミサイルを搭載したF-15Jは、安全な距離から攻撃を行なうことができます。

Large 201027 055 04

拡大画像

能力向上型F-15Jへの搭載が計画されている対艦ミサイル「LRASM」(画像:アメリカ海軍)。

 ひとつの手段しか持たないと、その手段が無力化された時、なすすべを失ってしまいますが、ふたつ以上の手段を持っていれば、どちらかが無力化されても対応することができます。F-35AとJSM、能力向上改修を受けるF-15JとJASSM-ERまたはLRASMという、特性の異なるふたつの手段により、対艦攻撃能力、さらに言えば抑止力を高めるという防衛省・航空自衛隊の考え方は合理的だと筆者は思いますし、055型ミサイル駆逐艦という新たな脅威が出現した現状においては、その整備をさらに加速していくべきだとも思います。

【了】

【画像】「イーグル」は更なる高みへ F-15J「ジャパニーズ・スーパー・インターセプター」

Writer: 竹内 修(軍事ジャーナリスト)

軍事ジャーナリスト。海外の防衛装備展示会やメーカーなどへの取材に基づいた記事を、軍事専門誌のほか一般誌でも執筆。著書は「最先端未来兵器完全ファイル」、「軍用ドローン年鑑」、「全161か国 これが世界の陸軍力だ!」など。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. まあモザイク破るぐらいだしな