政治的理由で「撮りバス」現在激減中

「撮り鉄」のように、バスを被写体にする「撮りバス」と呼ばれるバスファンがいます。しかし年に何度か、その撮影意欲が衰える時期があるようで、いまがその時期。いったい何が起きているのでしょうか。

選挙で現れる「バスマスク」

 鉄道を被写体にする「撮り鉄」は近年、しばしば耳にする単語ですが、同様にバスを被写体にし「撮りバス」と呼ばれるバスファンもいます。

 しかし現在、この「撮りバス」たちの撮影意欲が減衰しています。2015年4月、第18回統一地方選挙が実施されるからです。

 日頃「走る広告媒体」として車体看板や車内広告、ラッピングバスや車内放送広告など、いろいろな情報を街に振りまいているバスですが、こうした選挙の際もよくバスの車体にその告知が掲出されます。

フロントウインドウ下に掲出されている「バスマスク」(撮影:海老塚土史木)。

 ただその際、バスのフロントウインドウ下に幕状のものを取り付ける形で掲出されることが多く、それが「撮りバス」から敬遠されているのです。また選挙時以外にも交通安全運動や、そのバス事業者の高速バス路線宣伝などでも、この場所へ「幕」が取り付けられることがしばしばあります。

「バスマスク」や「フロントマスク」「前掛け」「ヨダレかけ」「前面幕」などと呼ばれるこれが車体に掲出されると、Twitterで「『バスマスク』が出たから撮影出掛けない……」などとつぶやく人、またブログで「今月は『バスマスク』が外れるまで撮影回数が激減するため更新をお休みします」という人も。いったいなぜ、そこまで撮影意欲が減退してしまうのでしょうか。

この記事の写真一覧

  • 20150405_busmask_02
  • 20150405_busmask_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント