「ビルに電車を置きたい!」 男の夢、池袋で実現 西武・京急・東急が揃い踏み

池袋駅東口にオープンするビル、その道路に面した場所に、西武と京急の電車が登場しました。同じビルには東急の電車も。どのような意図で設置されたのでしょうか。

ビル1階に電車の「カットボディ」3台

 池袋駅東口に間もなくオープンするビル、その道路に面した場所に、西武鉄道と京急電鉄の電車が並んで置かれています。

170713 seibukeikyu 01
池袋にオープンする「藤久ビル東5号館」に設置された西武と京急の電車(2017年7月、乗りものニュース編集部撮影)。

 車両は、黄色い西武の新2000系電車と、赤い京急の800形電車。また外の道路からは全体がよく見えませんが、西武新2000系のうしろには、東急電鉄の7700系電車の姿も。いずれも車両の運転台部分のみをカットしたもの(カットボディ)です。

 どのような意図で設置されたのでしょうか。ビルのオーナーである文英土地建物(東京都豊島区)代表取締役の後藤文男さんに話を聞きました。

――どのような意図で設置されたのでしょうか?

 もともと電車好きだからということもありますが、ビルのなかに本物の車両を置くことは珍しく、お客さんを呼び込む「招き猫」になってくれると考えています。じつは京都に、昔走っていた路面電車をまるごと1両入れているビルがあり、それを見て「いつか自分のビルにも電車を入れたい」と以前から思っていました。

――車両は、どのようにして手に入れたのでしょうか?

 ビルの建築計画にあわせて私鉄で廃車になる車両を探していたところ、西武、京急、東急が候補に挙がり、3年前から各社と交渉を始めました。どの会社も鉄道事業者以外に車両を譲渡した例はほとんどなく、最初は難航しました。ビルの広さから1両まるごとは設置できないので、「顔」の部分だけにカットする必要があったのですが、最終的にはそのカットも各社の工場で引き受けてくれ、車体の再塗装までしてくれました。

この記事の画像をもっと見る(9枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170713 seibukeikyu 05
  • Thumbnail 170713 seibukeikyu 06
  • Thumbnail 170713 seibukeikyu 07
  • Thumbnail 170713 seibukeikyu 08
  • Thumbnail 170713 seibukeikyu 09
  • Thumbnail 170713 seibukeikyu 01
  • Thumbnail 170713 seibukeikyu 02
  • Thumbnail 170713 seibukeikyu 03
  • Thumbnail 170713 seibukeikyu 04

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 何とスケールのでかい趣味だ!電車が趣味とは言え発想も凄い!

  2. たしかに黄色と赤色は目立つな。貫通扉を除けば形状もそっくりだからなんとなくユーモラス。
    京急800が急行の幕を出してるのがちょっとアクセントか。地震でぱたーんと倒れないようにしてください

    • そっくりか?あまり似てない。同じ西武でも3ドアの旧式非貫通型のほうがよりそっくり・・・ってもう現車西武にはないか。

    • 貫通扉の有無は無視してください。そのように書いていますのでその前提でどうぞ。

  3. 思いの強いオーナーさんとそれに最大限答えてくれた鉄道会社。いい話だなぁ…

  4. 西武と京急を並べ東武を外して東急を持ってくる
    このビルの経営者さん、箱根山とか分かってますねぇ。
    今度は東急7700の横に小田急の車両か国際興業バスでも置いてくださいよ。

    • 小田急ですか。当面廃車予定はロマンスカー7000形のみ(しかも来年4月以降)、通勤電車は望み薄かな・・・(1000形ワイドドアは近代化改装リストから外れているので、今のところ通勤電車で廃車可能性が最も高いが、数年間はたぶん無理)
      箱根登山鉄道ならまだ可能性ありますけど。