英新戦闘機「テンペスト」は完成するか 国際共同開発の苦い過去 F-2後継の目も?

イギリスが次世代戦闘機のコンセプトを発表しました。国際共同開発も視野に入っていると見られますが、ユーロファイター「タイフーン」ではずいぶんと紆余曲折がありました。本当に完成までこぎつけられるのでしょうか。

イギリスが次世代戦闘機のコンセプトモデル「テンペスト」発表

 2018年7月16日(月)から22日(日)にかけて、イギリスのファンボローにおいて「ファンボロー国際エアショー」が開催されました。同エアショーは世界最大規模の航空見本市として2年に一度開催され、今年はイギリス国防省およびBAEシステムズ社が次世代型戦闘機コンセプト「テンペスト」を初披露。大きな目玉となりました。

Large 180725 tempest 01

拡大画像

2018年の「ファンボロー国際エアショー」にて発表された、次世代戦闘機「テンペスト」のイメージ模型(画像:イギリス国防省)。

「テンペスト」は将来を見据えたビジョンであり、実機として具現化するかどうかは今後の情勢次第となります。とはいえ、イギリス、ドイツ、イタリア、スペインの4か国で共同開発され、2018年現在のところこれらの国で主力戦闘機として現役であるユーロファイター「タイフーン」は1982(昭和57)年の「ファンボロー国際エアショー」で初公開された「敏捷戦闘航空機(ACA)」コンセプトをその源流としており、同じように「テンペスト」が実現する可能性も十分にあり得ると言えます。

 後にタイフーンとなるACAは、1970年代から西欧諸国で検討されていた次世代戦闘機の共同開発計画が、各国の要求性能の違いから交渉が紛糾し開発費の分担もまとまらず、何度も何度も計画名を変えては頓挫していたというそれまでの事情を背景に始まります。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180725 tempest 03
  • Thumbnail 180725 tempest 01
  • Thumbnail 180725 tempest 02

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. う~ん、トーネードも成功したといえるほど”成功”してるとはいえないし、ACAもフランスの後にラファールになる機体のクラスとエンジンとで揉めているからなぁ。

  2. 英対欧州連合の軍事衝突にならんかな