F-35の墜落がさほど問題にならない理由 無事故記録途絶 F-22との比較に見るその意義

【画像】F-35A最新ロットは9000万ドル割れ

Large 181005 f35 04

拡大画像

F-35第11期低率初期生産(LRIP)のファクトシートより。5.4%コストダウンを実現しており、ABC型計141機が生産される予定(画像:ロッキード・マーチン)。

この画像の記事を読む

テーマ特集「【F-35特集】気になる価格や性能、自衛隊による調達から諸外国の配備事情まで徹底解説」へ

この記事の画像をもっと見る(4枚)

Writer: 関 賢太郎(航空軍事評論家)

1981年生まれ。航空軍事記者、写真家。航空専門誌などにて活躍中であると同時に世界の航空事情を取材し、自身のウェブサイト「MASDF」(http://www.masdf.com/)でその成果を発表している。著書に『JASDF F-2』など10冊以上。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント