旧陸軍戦車、終戦後はどうなった? 本土決戦用の九五式と九七式戦車、その後の奉公先

より洗練されていた九五式軽戦車ベースの「工作車」

 一方、前述した九七式中戦車ベースの装甲車を補完する目的で、1953(昭和28)年ごろ、九五式軽戦車の車体を改造した装甲車が警視庁に配備されました。正式名称は「工作車」といい、前述した九七式中戦車ベースのものが「装甲車」と呼ばれていたのとは対照的です。

Large 190212 tank 03 Large 190212 tank 04 Large 190212 tank 05

拡大画像

拡大画像

拡大画像

神宮外苑の式典で巡閲を受ける警視庁の「工作車」(画像:月刊PANZER編集部)。
周囲の警戒監視は乗員室上部のスリットと円形の小窓から(画像:月刊PANZER編集部)。
「工作車」は砲塔がないだけで車体は九五式軽戦車そのまま(画像:月刊PANZER編集部)。

 本車は名称とはうらはらに、九七式中戦車を流用した「装甲車」よりもずっと警備車両らしい外観を有しているのが特徴です。まず、車体前面に排土板は装備しておらず、よって車体中央部からワイヤーなどが外に伸びていません。

 また砲塔を外した車体中央部には、固定式の乗員室が設置されていました。これは大型で、なおかつ「装甲車」とは異なり屋根もある密閉式で、さらに三方向に視察用スリット、左右には円形の銃眼のようなものまで設けられていました。

 ただし軍用ではないため、車体前面の操縦手用ハッチは大きく開くようになっており、車体前面には大型の前照灯とモーターサイレン(「ウー」音のサイレンのこと)が装備されるなど、明らかに前述の九七式中戦車改造の「装甲車」よりも本格的な改造が施されていました。

 このように「工作車」は「装甲車」よりも洗練されていたため、「装甲車」よりも長い期間、警視庁で使用された様子が見られます。

 それでも装軌式(いわゆるキャタピラ式)という構造上、やはり整地された場所が多い都市部では、使い勝手に制約があったようで、やがてトラックベースの各種警備用装甲車が登場すると、これに更新される形で、昭和30年代前半には姿を消しました。

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190212 tank 07
  • Thumbnail 190212 tank
  • Thumbnail 190212 tank 02
  • Thumbnail 190212 tank 03
  • Thumbnail 190212 tank 04
  • Thumbnail 190212 tank 05
  • Thumbnail 190212 tank 06

最新記事

コメント