クルマから戦闘機まで 三菱プレシジョンのシミュレーター リアルなCG数々のシナリオ

「鉄道技術展」では三菱プレシジョンが出展。自動車教習所から航空自衛隊の戦闘機まで、おもに訓練用のシミュレーターを製造しています。リアルなCGを駆使し、想定される様々なシチュエーションが搭載されています。

自由にシナリオを作成できるツールも提供

 博物館などにある、鉄道車両や航空機などのシミュレーター装置を触ったことのある人は多いかもしれません。またクルマの免許を取得する際、自動車教習所で運転シミュレーターを用いた教習を受けたことのある人も少なくないでしょう。

Large 191127 simu 01

拡大画像

在来線の鉄道車両を想定したシミュレーター(2019年11月27日、大藤碩哉撮影)。

 2019年11月27日(水)から3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された「鉄道技術展」では、このような乗りもののシミュレーターの製造を手掛ける三菱プレシジョンがブースを出展していました。シミュレーターは、クルマから鉄道車両、航空機、航空自衛隊のF-15J戦闘機まで多岐にわたります。おもに訓練用に使われるため、動物の飛び出しや火災、悪天候など様々なシチュエーションを想定したシナリオを搭載しています。

 技術の進歩により、CGは年々リアルに。そのおかげで、実際の場面を精巧に再現できるようになりました。三菱プレシジョンは、たとえば色の表示が繊細になったために、逆光時の景色がリアルに再現できるようになったといいます。ほかにも鉄道車両の運転シミュレーターでは、路線や風景といったデータベースを組み合わせ、自由にシナリオを作成できるツールも提供しています。

【写真】新幹線用のシミュレーター

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191127 simu 03
  • Thumbnail 191127 simu 01
  • Thumbnail 191127 simu 02

最新記事

コメント