戦車+重装甲=最強! が過ぎると? ポルシェ博士と独裁者の異常な超重戦車「マウス」

科学技術分野における予算確保の難しさはよく耳にしますが、もし独裁者の後援のもと、知的好奇心のおもむくままに研究開発できるとしたら……夢のような環境でポルシェ博士が生み出したのは、前代未聞の重量を誇る巨大な「鉄塊」でした。

「マウス」誕生の経緯 戦車砲と装甲のシーソーゲームに終止符を!

 独裁者ヒトラーと天才技術者ポルシェ博士のコラボで、最も成功したのが「フォルクスワーゲン・タイプ1(いわゆる『ビートル』)」です。逆に暴走するととんでもないものを生み出します。それが重量188tの超重戦車「マウス」です。

Large 200330 maus 01

拡大画像

ドイツ陸軍のクーマンススドルフ車輌試験場でテストされる完成直後の「マウス」試作2号車(画像:帝国戦争博物館/IWM)。

 2020年現在の主力戦車は最も重いもので約70tですが、動かすたびに道路や橋へダメージを与えるため行動範囲が限定され、このあたりが重量の限界とされています。「マウス」の188tという重量は歴史上、実際に製造された戦車のなかでは最も重いものです。そのような図体をしてどこが「マウス」(ねずみ)かとクレームが付きそうですが、命名の由来は、名称からスペックを想像されないようにした防諜策(スパイ対策)といわれています。

 1941(昭和16)年6月に独ソ戦が始まると、ドイツ軍はソ連軍の重戦車に手を焼くようになり、その重装甲に対抗しようと戦車砲も大きくなります。砲と装甲の、いわゆる盾と矛のシーソーゲームです。11月にヒトラーは、このシーソーゲームの決着を一挙につけるべく、究極の超重戦車をつくろうとポルシェ博士に打診します。まだドイツ軍が劣勢になる前ですが、すでに危機感を持っていたようです。

【写真】やはり用には堪えなかったか 地面に沈み一大事の「マウス」 ほか

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to asamasanroku-rail Cancel reply

1件のコメント

  1. >主砲128mmといえば巡洋艦の主砲並み

    いや、駆逐艦程度でしょう