国鉄型103系なぜ西日本で未だ現役? まもなく登場60年 東日本はとっくに消滅

製造から半世紀以上が経過した国鉄型通勤電車103系が、関西では未だ現役です。奈良線から引退したことで、和田岬線や播但線などに残るのみとなったものの、首都圏などではとっくに消えた車両がなぜ、残り続けているのでしょうか。

3500両近くも造られた通勤形電車

 2022年3月のダイヤ改正では、JR奈良線から103系電車が引退しました。それから4か月後の7月には廃車回送が行われ、ウグイス色の103系が消滅しています。

Large 220810 kokuts 01

拡大画像

2022年に引退した、JR西日本 奈良線の103系電車(柴田東吾撮影)。

 103系といえば、国鉄を代表する通勤形電車でした。モーターの付いた電動車の数を従来の半数程度とした経済的な電車で、1963(昭和38)年に登場後、20年あまりの長期に渡って大量生産され、首都圏や関西を中心に活躍しました。JRが発足した1987(昭和62)年の時点では3436両もあり、JR東日本が2418両、JR東海が70両、JR西日本が894両、JR九州が54両を継承しています。

 ただ、この時点で最初の登場から35年ほどが経過しており、103系は後継の車両で置き換えが進められます。JR東海では、中央線などで使用されていた車両が1999(平成11)年に引退して翌年までに廃車され、4社のなかでは最初に形式消滅しています。

 JR東日本では山手線、京浜東北線、中央・総武緩行線、常磐線快速などで使用されましたが、仙石線を最後として2009(平成21)年までに引退・廃車されています。

【写真】JR東日本で最後まで残った103系とは

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 103系は同時代の他社車と比べると時代遅れで非エコ設計だったので、少なくとも半分はJR西のは経営誤判断が原因じゃないの。
    赤字路線にシビアにならざるを得ない一因にもなってる以上、単純に方針の差とだけ記すのは少々無責任な感じがするね。